ニュース
» 2018年10月18日 19時30分 公開

こんな動物がいたのを知ってほしい 『絶滅どうぶつ図鑑』発売 著者はぬまがさワタリさん

もう会えない動物77種が登場します。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 絶滅してしまった動物たちを独特なタッチのイラストで紹介した書籍『絶滅どうぶつ図鑑 〜拝啓 人類さま ぼくたちぜつめつしました〜』が、10月7日にPARCO出版から発売されました。

絶滅どうぶつ図鑑 『絶滅どうぶつ図鑑 〜拝啓 人類さま ぼくたちぜつめつしました〜』

 同書は、絶滅した動物たちの暮らしや生き様、最新の研究事情などを紹介した図鑑。恐竜が滅んだあとの時代を生き、惜しくも絶滅してしまった動物全77種が登場します。

 表紙を飾るのは、空を飛べず、襲われても抵抗する手段を持たないという鳥「ドードー」。その他、カバに似た姿で日本にも広く分布していたという「デスモスチルス」や、全長が20〜25メートルもあったというクジラの仲間「バシロサウルス」、パワフルな大型肉食獣「スミロドン」、ライオンの亜種「バーバリライオン」などが紹介されています。

絶滅どうぶつ図鑑 デスモスチルス
絶滅どうぶつ図鑑 バシロサウルス
絶滅どうぶつ図鑑 スミロドン
絶滅どうぶつ図鑑 バーバリライオン

 著者は『図解 なんかへんな生きもの』(光文社)などを手掛けたイラストレーターのぬまがさワタリさん(@numagasa)。専門的な内容を分かりやすく解説してあり、動物たちへの愛情も伝わってきます。

 漢字にはふりがなが付いており、小さいお子さんでも楽しめそう。所々に小ネタが挟み込んであり、大人が読むとクスッと笑ってしまいそうです。

 『絶滅どうぶつ図鑑』は、A5判正寸/オールカラー/128ページで価格は1000円(税別)です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる