ニュース
» 2018年10月21日 13時00分 公開

盗撮の意味、知っていますか? 『アサヒカメラ』、スナップ写真の撮影・公開における法的な注意点を徹底解説

肖像権や著作権、プライバシー権など、トラブルを招きやすいポイントを弁護士が解説。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 スナップ写真は、被写体の肖像権やプライバシー権などがからむため、安易に撮影や公開ができないもの。こうした法的要因について、写真専門誌『アサヒカメラ』が2018年11月号(10月20日発売/税込900円)の特集記事、「いまさら聞けない スナップ撮影&作品発表の落とし穴」で解説しています。


書影 『アサヒカメラ』2018年11月号

 みずほ中央法律事務所の代表弁護士・三平聡史さんが監修を担当。「盗撮」の概念や著作権、施設管理権などの撮影時にトラブルを招きやすいポイントを、撮影場所の選択からSNSや写真展などで発表するまでの流れに沿って解説しています。とりわけ肖像権については誤解が多いとされており、あらためて学ぶ良い機会になりそう。


誌面 商業施設や寺社仏閣など、場所事の撮影ルールから説明

 そのうえで、第1特集「スナップ写真は人生だ!」では、スナップ写真の魅力を86ページに渡って紹介。第2特集「秋の新製品&実写続報」では、ドイツのカメラ見本市「フォトキナ2018」の現地レポートや新製品レビュー、フルサイズミラーレスカメラの意義を問うコラムが掲載されます。


第1特集 第1特集ではハービー・山口さん、大西みつぐさん、中藤毅彦さんの鼎談など

第2特集 各社の新製品情報も満載の36ページ特集


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.