ニュース
» 2018年10月19日 22時55分 公開

東北ずん子の3Dアニメ制作プロジェクトが開始から24時間以内に達成 ファミレスが舞台のショートアニメ

コツコツ作って長く続けることを目的としています。

[宮原れい,ねとらぼ]

 東北地方応援キャラクター「東北ずん子」の3Dアニメ制作を目指すクラウドファンディングが、開始から24時間以内に目標金額の350万円を達成しました。現在アニメの時間を増やすストレッチゴールを目指して支援を募集中です



 今回のプロジェクトは、3DCGによるキャラクター制作と、アニメのプロトタイプを作るのを目標としており、3分程度のアニメ制作が目標。3Dアニメを選んだ理由は、3Dモデルを一度作れば使い回せて、少人数でコツコツ作るのに向いているためで、プロジェクトを長く続けていくことで、30分尺のアニメを制作したり、いつかは12本分制作しテレビ放映につなげたい思いもあるといいます。

 なお、すでに東北3姉妹の3Dモデルは支援によって完成しており、「ずん子」「イタコ」「きりたん」の3Dモデルを公開しています。


東北ずん子 3Dアニメ クラウドファンディング 達成 セルルックの3Dモデル「東北ずん子」

東北ずん子 3Dアニメ クラウドファンディング 達成 「東北イタコ」

東北ずん子 3Dアニメ クラウドファンディング 達成 「東北きりたん」

 アニメの舞台はファミレスで、2次元風の加工が施されたセルルック3Dアニメーションを予定しています。ストレッチゴールは650万円で、達成するとアニメの尺が7分にまで延びます。


東北ずん子 3Dアニメ クラウドファンディング 達成 アニメの尺が2倍以上に延びるストレッチゴールを目指して……!

 今後はさらに「VRアニメ」などへの挑戦も視野に入っているとのこと。また、制作された3Dモデルをユーザーに提供することで、みんなで遊べるツールを増やすことも“やることの1つ”だとしています。

 クラウドファンディングページでは、江戸村ににこ先生による新キャラクター「漆黒のめたん」「九州そら」「中国うさぎ」のイラストも公開。支援は、これら新キャラの3Dモデルデータ(VRMモデル、セルルックのBlenderデータ)が送付される2000円コースから可能で、他にも制作における資料やアニ制作用のデータが送付される4万円の「東北3姉妹が丸見えになるコース」などが用意されています。


東北ずん子 3Dアニメ クラウドファンディング 達成 漆黒のめたん

東北ずん子 3Dアニメ クラウドファンディング 達成 九州そら

東北ずん子 3Dアニメ クラウドファンディング 達成 中国うさぎ

 東北ずん子のアニメといえば、昨年には30分アニメ「ずんだホライずん」が公開されています(関連記事)。こちらは文化庁の「あにめたまご2017」プロジェクトで制作されたもので、その後同作のパワーアップを目的としたクラウドファンディングも実施され、こちらも約1700万円の金額を集めるなど話題になりました(関連記事)。





Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.