ニュース
» 2018年10月23日 20時25分 公開

漫画家・谷口ジローの魅力を総括した一冊が発売 死後発見された幻のデビュー作も初収録

『孤独のグルメ』などとは大きく異なる、『ガロ』を意識した作風の幻の作品とは。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 2017年2月に急逝した漫画家・谷口ジローさんの魅力を総括する一冊『谷口ジロー 描くよろこび』が、10月26日に平凡社から刊行されます。原画や関係者の寄稿などさまざまな角度から谷口ジローという作家に迫るだけでなく、死後自宅から見つかった幻のデビュー作「声にならない鳥のうた」が初めて単行本に収録されます。

谷口ジロー 描くよろこび 特集 総括 平凡社 幻 デビュー作 『谷口ジロー 描くよろこび』表紙

谷口ジロー 描くよろこび 特集 総括 平凡社 幻 デビュー作 出版物初収録となる幻のデビュー作「声にならない鳥のうた」

 谷口さんは生前、『歩くひと』『遥かな町へ』『犬を飼う』や、『孤独のグルメ』(原作:久住昌之)『「坊っちゃん」の時代』(原作:関川夏央)の作画など、150作を超える漫画を生み出しました。作品は今なお世界約20カ国で翻訳され続け、フランスをはじめとする欧州全土で絶大なる人気を得ています。

谷口ジロー 描くよろこび 特集 総括 平凡社 幻 デビュー作 収録する原画ギャラリー

 『谷口ジロー 描くよろこび』では原画を「1970年〜1985年」「1986年〜1996年」「1997年〜2017年」の3部構成で収録。またファンを自認する漫画家・松本大洋さん(『ピンポン』『鉄筋コンクリート』など)へのスペシャルインタビューや、風景描写のモチーフとなった武蔵野探訪、書斎&本棚の公開、全作品リスト、貴重なプライベートショットまで、あらゆる視点から谷口ジロー45年の画業と深層を解剖します。

谷口ジロー 描くよろこび 特集 総括 平凡社 幻 デビュー作 松本大洋さんが谷口ジローの“線”を語るインタビュー

谷口ジロー 描くよろこび 特集 総括 平凡社 幻 デビュー作 谷口作品の風景描写のモチーフとなった武蔵野を歩く企画

谷口ジロー 描くよろこび 特集 総括 平凡社 幻 デビュー作 谷口さんの本棚も徹底解剖

 寄稿文は、久住昌之さんや関川夏央さん、夢枕獏さん(『神々の山嶺』原作)といったタッグを組んだ原作者から、漫画家・萩尾望都さんや俳優・竹中直人さんによる「私と“谷口ジロー”」までさまざまです。夏目房之介さんによる「谷口ジローはもっと評価されねばならない」など、批評・専門家からの論考も収録。

 白眉は、出版物への掲載が初めてとなる幻のデビュー作「声にならない鳥のうた」。小学館の担当編集・今本統人さんによると、谷口さんが亡くなってから約3カ月後、奥さんや事務所担当者と一緒に谷口さんの自宅を整理していたところ見つかったといいます。

 「引き出しから受験用の問題集のような冊子が出てきて、中をパラパラとめくったところ、谷口先生の漫画作品が掲載されているのを発見しました。冊子は大学受験生向けの雑誌で、これまで『商業デビュー作』とされてきたのは1971年の作品だったのですが、その前年となる1970年の発行だったため、この作品が今のところ先生の最初の商業発表作品ということになりました」(今本さん)

谷口ジロー 描くよろこび 特集 総括 平凡社 幻 デビュー作 谷口さんの自宅から見つかった問題集のような冊子(撮影:今本統人さん)

谷口ジロー 描くよろこび 特集 総括 平凡社 幻 デビュー作 収録されていた幻の商業デビュー作「声にならない鳥のうた」

谷口ジロー 描くよろこび 特集 総括 平凡社 幻 デビュー作

 「2017年末に開催された原画展で初公開されましたが、出版物に掲載されるのは今回が初めて。谷口先生は若いころ『ガロ』に持ち込みをされたこともあると伺ったことがありますが、本作は『ガロ』という雑誌や、同誌掲載の作品を強く意識したタッチで描かれており、後年の作風とは大きく異なります。しかし描き込みの密度やキャラクター造形など、後の谷口作品の片りんも多数みられ、非常に興味深い一作です」

 書籍はB5判変型並製で144ページ、価格は1800円(税別)。

『谷口ジロー 描くよろこび』目次

◯原画ギャラリー

  • chapter1:1970−1985
  • chapter2:1986−1996
  • chapter3:1997−2017

◯論考

  • 「価値観の交差する作品 谷口ジローとフランス」 イラン・グェン
  • 「マンガ家にしてバンド・デシネ作家−谷口ジロー」 原正人
  • 「谷口さんのこと」 寺田克也
  • 「谷口ジローはもっと評価されねばならない」 夏目房之介

◯原作者より

  • 「エンジェル・エンジンを探すのはやめろ」 原田宗典
  • 「谷口ジローさんのこと」 久住昌之
  • 「唯一無二の漫画家」 夢枕獏
  • 「輪郭線を描いてくださった」 川上弘美

◯私と“谷口ジロー”

  • 「『遥かな町へ』映画化計画、再び」 竹中直人
  • 「風景そのものが語りかけてくる」 萩尾望都
  • 「高校生のときの出会い、そして今」 石川直樹

◯松本大洋インタビュー「谷口ジローさんは、絵も人柄もやさしい漫画家でした。」

◯谷口ジローの見た武蔵野――『歩くひと』を歩く

  • [エッセイ]『歩くひと』谷口ジローとのニ、三の思い出 関川夏央

◯谷口ジローの本棚

◯谷口ジロー略年譜

◯谷口ジロー発表作品初出誌&単行本データ

◯[特別付録]幻のデビュー作・単行本未収録作品 「声にならない鳥のうた」

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」