実写版「人狼」 押井脚本からの唯一にして最大の改変とは

硝煙に揺れるブレードランナー。

» 2018年10月27日 14時00分 公開
[将来の終わりねとらぼ]

 Netflixで10月19日に配信開始された映画「人狼」。脚本・押井守、監督・沖浦啓之による和製アニメ映画「人狼 JIN-ROH」のリメイクであり、押井のライフワークである「ケルベロス・サーガ」の一作に位置する。

 武骨なプロテクト・ギアと紅く光る瞳のデザインが印象的なビジュアルポスターがたびたび話題となった本作、メガホンをとるのは日本統治下の朝鮮を舞台にしたポリティカル・サスペンス「密偵」、復讐映画の傑作「悪魔を見た」のキム・ジウン。

実写版「人狼」レビュー 話題を読んだ実写版のポスター

★以下、「人狼」のネタバレを含みます


舞台は近未来 原作を再現しつつ、より陰鬱に

 舞台は原作版の「さきの大戦に敗北し、経済的疲弊から治安の悪化した日本」から「世界情勢の緊迫に伴い北との統一を目指している近未来の韓国」へと置き換えられている。反政府テロ組織・セクトとそれに対抗するための特機隊という立ち位置は変わらず、物語は広場での警察とデモ隊の大規模な衝突から幕を開ける。

実写版「人狼」レビュー アニメで描かれた警察とデモ隊の衝突が実写でも再現される(画像はNetflixの予告編より

 ここ数年ではヨン・サンホの諸作品や「タクシー運転手」でもみられたとおり、韓国ではデモが活発に行われている。市民が放水や催涙ガス等によって亡くなることも少なくない。国が進める南北首脳会談や、半島の統一に反対するデモもたびたび行われている。ブレードランナーを思わせる暗闇の中にときおりネオンが光る近未来の韓国は、原作の空気を緻密に再現しながらも、より陰鬱で歪である。

 シナリオはほぼ原作を緻密になぞる。特機隊に属するイム(カン・ドンウォン)は過去のトラウマからセクトに属する爆弾の運び屋・赤ずきんと呼ばれる少女を撃つことができず、目の前での爆死を許してしまう。

 元特機隊の盟友である公安警察のハン・サンウ(キム・ムヨル)は少女の遺族に遺品の日記を渡すようイムに促し、イムは少女の姉を名乗るイ・ユンヒ(ハン・ヒョジュ)と出会う。規模が縮小していくセクト、それに伴い存在価値を失い始めている特機隊、彼らを疎ましく思う公安警察、隙を見せれば喉笛を噛みちぎられる権力闘争とそれぞれの組織の軋轢の中、各々の思惑が交差するバイオレンス・アクション・ロマンスである点をしっかりと継承している。

実写版「人狼」レビュー バイオレンス・アクション・ロマンスになっている

唯一書き変えられたラストシーン

 背景美術、プロテクト・ギアは圧巻のビジュアル再現度となっている。画面の緊張感は黒沢清リスペクトが垣間見えたジウン過去作の「Memories」に通ずるものがあり、傑作「箪笥」に代表されるホラー映画を数多く手がけた技も光る。この手の突き抜けた設定や強烈なビジュアルは、画作りから少しでも手を抜けば一分の隙から説得力がかき消えてしまう。その点は抜かりなく、素晴らしいの一言だ。

実写版「人狼」レビュー プロテクト・ギアの完成度は非常に高い

 また近年の韓国映画(特にマフィアもの)にありがちな近接武器による過度なバイオレンス描写が比較的抑えられているのも新鮮だ。とはいえアクションが少ないというわけではなく、ジウンがハリウッドで監督したアーノルド・シュワルツェネッガー俳優復帰作「ラスト・スタンド」で見られた車と銃を使ったアクションシーンの手腕が惜しみなく発揮されている。

 同時に欠点も決して少なくない。キャラクターの弱さや、物語上挟み込まれている赤ずきんの寓話がうまく機能していない点(北との統一=赤化に進んでいるのが韓国政府である以上、その反勢力が「赤ずきん」であるのは疑問がある)、そして物語の決着点がク・ミギョン(ハン・イェリ)といった原作不在キャラクターの登場によりぼやけており、少々長めな尺を持て余してしまっているのは気になる。

 また組織の中で生きる犬の悲哀を突き放して描いた原作版のラストは改変されており、賛否が分かれる。だがそこに違和感は覚えない。それは本作が架空歴史ものでありながら、近年多く作られるようになった韓国民主化前後を描いた映画作品群に連なるからである。そしてジウンが間違いなく押井守作品から強い影響を受けており、それでもあえて改変したのが理解できるからだ。


韓国版予告編

 オムニバス映画「人類滅亡計画書」にジウンは「天上の被造物」という短編作品で参加している。悟りを開いてしまったロボットが修験者に説教を始め、自分は何者なのかと仏の前にひれ伏す。それを故障として「回収・解体」しようとする修理業者のエンジニアとロボットとの会話を中心とした哲学劇である。「人狼」とは全く異なるジャンルだが、「イノセンス」の押井を思わせる作風に脱帽した。そして「人狼」の舞台は2029年。「攻殻機動隊」1作目と時間を同じくしている。押井を、そして原作を尊敬しほぼ完璧なビジュアル化を手掛けながら、批判を恐れずに唯一書き変えたラストシーン。そこに今の韓国映画が訴えるものを見てほしい。

将来の終わり

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/13/news011.jpg 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  2. /nl/articles/2407/08/news120.jpg 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  3. /nl/articles/2407/10/news171.jpg パパが押入れに作った秘密基地、4年後には…… 次第に2人娘に奪われていく過程に「最高」「コレは欲しい」 秘密基地の現在は?
  4. /nl/articles/2407/12/news027.jpg 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  5. /nl/articles/2407/12/news151.jpg カインズの家電が使用中に発火…… 「ただちに使用中止」呼びかけ、約1万5000台回収 「心よりお詫び」
  6. /nl/articles/2407/12/news021.jpg お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  7. /nl/articles/2407/11/news032.jpg 「考えた人天才やろ」 ある地下鉄のホームドアに書かれた“マジで助かる表示”に「全駅でやるべき」など絶賛の声
  8. /nl/articles/2407/13/news076.jpg 大谷翔平の妻・真美子さん、レアな“動画登場”にネット歓喜 ドジャース夫人会の女子会に反響「溶け込んでる」「素敵な時間」
  9. /nl/articles/2407/12/news116.jpg GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  10. /nl/articles/2407/11/news117.jpg 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「鬼すぎない?」 大正製薬の広告が“性差別”と物議…… 男女の“非対称性”に「昭和かな?」「時代にあってない」
  2. ヤマト運輸のLINEに「ありがとニャン」と返信したら…… “意外な機能”に「知らなかった」と驚き
  3. “性被害”描くも監督発言が物議の映画、公式サイトから“削除された一文”に「なぜ」「あまりにも……」
  4. イヌワシが捕えて飛ぶのはまさかの…… 自然の厳しさと営みに感動する姿が660万件表示「こんな鮮明に見えるのは初めて」
  5. 大好きな新聞屋さんに会えた柴犬、喜びを爆発させるが…… 切なすぎるお別れに「大好きがあふれてる」「帰りたくなくなっちゃいますね」
  6. 「爆笑した」 スイカを切ったら驚きの光景が……! 自信満々に収穫した夫婦を悲しみと失望がおそう
  7. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  9. 「ロンハー」有吉弘行のヤジに指摘の声「酷かった」「凄く悲しい言葉」 42歳タレントが涙浮かべる
  10. 東京の用水路にアマゾン川の生き物が大量発生だと……? “いてはいけないヤツ”の捕獲に衝撃「想像以上にヤバかった」「ホンマに罪深い」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」