ニュース
» 2018年11月12日 08時30分 公開

Appleが「iPhone X」と「13インチMacBook Pro」の無償修理プログラムを発表 一部製品に不具合を確認

どちらも使用する上で大きい不具合・症状なので一度確認しておきましょう。

[宮原れい,ねとらぼ]

 Appleは「iPhone X」と「13インチMacBook Pro(Touch Bar 非搭載)」の無償交換・修理プログラムを発表。それぞれ判明した問題や不具合と、対象となる製品の修理手続きについて説明しています。



 iPhone Xでは、一部の同端末にて「ディスプレイ (またはディスプレイの一部) がタッチにまったく反応しないか、反応したり反応しなかったりする」「タッチしていないのにディスプレイが反応する」といった症状が見られることがあるとして、その原因とみられるデバイスのディスプレイモジュールを無償で交換します。

 こちらは修理開始前に行うAppleの実機検査によって対象製品かどうかを検証するので、上記のような症状を確認したiPhone Xユーザーは一度持ち込んで見てもらうことをオススメします。また、すでに同プログラム対象製品を有償で修理していた場合には返金を受けられる可能性があるので、こちらはAppleサポートに問い合わせてみるといいでしょう。



 13インチMacBook Pro(Touch Bar 非搭載)では、2017年6月〜2018年6月までに販売された同製品に搭載されている一部のSSD(128GBまたは256GB)に、データの消失やドライブの故障を引き起こす可能性のある不具合があることが判明。対象となるドライブを無償で修理します。こちらはドライブのファームウェアをアップデートする形なので、作業は1時間程度とのこと。すでに有償修理済みの場合の返金についてはiPhone Xと同様です。

 対象製品は、公式サイトの同プログラムページからシリアル番号を入力して確認できます。なお、Appleメニューから確認できるモデル名が「MacBook Pro (13-inch, 2017, Two Thunderbolt 3 ports)」のコンピュータのみで、Touch Bar搭載の13インチMacBook Proや旧モデルは対象外です。

 注意事項として、どちらも修理前にはあらかじめバックアップをしておくことが述べられています。特に13インチMacBook Proは修理の一環でドライブが消去され、また修理後には自分でバックアップからデータを復元する必要があります。復元が完了するまではコンピュータをインターネットに接続できないので、復元方法のサポート記事を確認できるようにスマホ等を用意しておきましょう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.