ニュース
» 2018年11月12日 18時23分 公開

黒インク25種とホワイト10種の相性が丸わかり! 塗り重ねの実例を全パターン載せた見本表が参考になる

互いが溶け合ったりしないか、ホワイトに黒が透けたりしないか、250通りの実例で確認できます。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 黒インクで書いた線を白インク(ホワイト)で修正するとき、両者の組み合わせによっては、黒が透けて見えたり白が弾かれたりと、うまくいかないことがあります。そんな相性を250パターンで例示した見本表が、作画の参考になるとTwitterで話題です。


見本表 見本表の全体図(クリックで拡大)。黒インクの項目には、水彩絵の具とコピックの載りやすさも示されています

見本表 見やすいよう全体図を分割したもの

見本表 パート2(白インクとの対応が分かりやすいよう、編集部で加工しています)

見本表 パート3(同上)

 黒インク25製品と白インク10製品を用意し、全250通りの組み合わせで塗り重ねた結果をまとめた表。それぞれ、黒で書いた線を白で消し、さらに黒を上塗りしています。全体を見渡すと、黒の上に白がきれいに載っている組み合わせもあれば、互いが溶け合ってグレーになっているものも。好きな黒インクに適したホワイトの選び方が、ひと目で分かります。

 画材店で働きつつ漫画家として活動している、投稿主の古田朋大(@tomohiro_0109)さんに話を聞きました。見本表はお店のPOPとして作ったもの。インクの性能について、漫画を描くうえで自分が知りたかったことと、お客さんからもよく聞かれることから始めたそうです。「スタッフに聞くのが苦手な人にも伝わると思って作りました」(古田さん)


 自身がよく使う組み合わせは、「ピグマ」と「ライオンミスノン」で、漫画の原稿はほぼこれで作画。古田さんは「今どき珍しいフルアナログ漫画描き」を自認していたところ、ツイートの反響に「インクを使う人ってこんなにいるんだ!」と驚きつつ、喜んでいる様子でした。

 古田さんは画材店に12年間勤めて得た知識を広めないのはもったいないと思い、文具関連のPOPをしばしばツイートしています。情報を文字と絵で分かりやすく伝えるのは、漫画の勉強にもなるといった考えも。


 漫画家としては、『チャンピオン』系少年誌に読み切り作品『ホシノナルカミ』『謀略のパンツァー』が掲載。次回作も執筆中とのことです。


画像提供:古田朋大(@tomohiro_0109)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.