ニュース
» 2018年11月24日 12時45分 公開

2025年大阪万博決定に関係者喜びの声 大阪では55年ぶり

BIE総会で3カ国による争いを制す。

[ねとらぼ]

 11月23日(現地時間)、フランスのパリで行われた博覧会国際事務局(BIE)総会において、2025年の国際博覧会(万博)の開催国が大阪に選ばれた。大規模な万博としては2005年の愛知以来。大阪での開催は1970年以来55年ぶりとなる。

大阪万博

 2025年の万博に立候補したのは日本の大阪のほか、ロシアのエカテリンブルク、アゼルバイジャンのバクーの3カ国。BIEに加盟する170カ国のうち、分担金を支払った156カ国が無記名で投票。日本は1回目の投票で85票を集めて1位で通過するも、3分の2を獲得できなかったため、2位のロシアと決戦投票の末、過半数の92票を獲得した。

 25年万博のテーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」。5月3日から11月3日の期間、大阪湾の人工島・夢洲(ゆめしま)を会場に催される。今後は地下鉄延伸や湾岸エリアの再開発、カジノを含む統合型リゾート(IR)の開業などが加速する見込みだ。

大阪万博 会場となる夢洲。経済産業省のビッド・ドシエ(立候補申請文書)より

 ネットでは東京スカイツリー竣工(2012年)、リニア新幹線着工(2014年)、東京五輪(2020年)、大阪万博(2025年)という流れが、1900年代の東京タワー竣工(1958年)、東海道新幹線着工(1959年)、東京五輪(1964年)、大阪万博(1970年)の流れと酷似していると話題に。大阪万博誘致に動いた関係者や関西にゆかりのある芸能人なども決定にコメントしている。

 世耕弘成経済産業大臣は現地での様子を早速ツイート。まさに決定の瞬間を写真とともに報告。同じく現地で投票を見守っていた松井一郎大阪府知事と吉村洋文大阪市長も開催決定の報告を感謝とともにツイートしている。

大阪万博 2025日本万国博覧会誘致委員会公式サイト

 なお、大阪万博開催決定を受け、2025日本万国博覧会誘致委員会の公式サイトで実施している「ポケモンEXPOタイプ診断」が11月30日16時まで延期することが告知されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.