葉っぱが紅葉して赤くなるのはなぜ?

紅葉見に行こうよう!

» 2018年11月29日 11時30分 公開
[QuizKnockねとらぼ]

 秋になると、さまざまな木々の葉が黄色や赤に色づき、私たちの目を楽しませてくれます。紅葉狩りに行く方も多いのではないでしょうか。

 このような色の変化は、一体なぜ起こるのでしょうか。


色づく理由は、冬を越すため

 まず基本的に、葉の色が変わる木というものは「落葉樹」という種類の木です。

 落葉樹とは、厳しい冬に、葉を落とすことで対応している樹木のことです。葉は光合成をする大切な器官ですが、低温や乾燥には弱いので、年ごとに使い捨ててしまった方が良いこともあります。



 冬を越す準備として、秋に葉から養分を回収したり、葉の養分を作る器官を守るために、色が変化しています。以下でもう少し詳しく見ていきましょう。


黄色くなる理由:養分を回収するため



 葉が落ちる時期が近づくと、落葉樹は葉から養分として使えるものを回収しようとします。ここで回収されるのが、光合成を行う「葉緑体」。葉緑体は、植物にとって貴重な成分を多く含んでいるため、それらの回収のために分解されます。

 葉緑体はさまざまな色素を含んでいますが、最も多いのが緑色のクロロフィル(葉緑素)。これは葉が緑に見える原因であり、真っ先に分解されます。

 緑の色素(クロロフィル)が早く分解されると、黄色の色素(カロテノイド)が表に出てくるようになり、葉は黄色に見えるようになるのです。

 ちなみに、この黄色のカロテノイドなどはやや遅れて分解されます。これはクロロフィルがカロテノイドに比べて貴重な栄養素(ミネラル)を含んでいることや、全ての色素を一気に分解すると葉へのダメージが大きいことなどが理由として考えられます。

 光に当たりすぎると、葉の中で活性酸素が発生します。活性酸素は、細胞にダメージを与える物質です。クロロフィルやカロテノイドは活性酸素の発生を抑え(=抗酸化作用)、葉へのダメージを軽減できます。クロロフィルがなくなっても、残ったカロテノイドが葉を守ってくれる、というわけです。


赤くなる理由:養分を作る器官を守るため



 葉が黄色くなる理由が「緑色が抜けて黄色が残るから」であるのに対し、葉が赤くなるのは一言でいえば「新しく赤い色素ができるから」です。

 この赤い色素はアントシアンで、クロロフィルが分解されるのと並行して合成されます。秋が深まり、ほかの色素が分解されていくにつれ、色の混ざりがなくなって鮮やかな紅葉になっていきます。

アントシアンの大事な役割

 と、ここまでお読みの方の中には「養分の回収のために色素を分解してきたのに、どうしてわざわざ新しく色素を作るのか?」と思った方がいらっしゃるかもしれません。もちろん、アントシアンの合成にもエネルギーを使います。

 わざわざアントシアンを合成する理由としては、「アントシアンが日よけとして優秀だから」という説が有力とされています。アントシアンは赤く見えますが、これは裏を返せば「青や緑の光を吸収している」ということ。青や緑の光に多く当たると、より多く活性酸素が発生し、葉緑体が壊れやすくなる(→黄葉の方が紅葉より葉緑体が壊れやすい)といわれています。

 葉緑体が壊れると光合成ができなくなり、葉が養分を作れなくなります。アントシアンは強すぎる光から葉緑体を守り、葉が養分を作れる期間を長くしているといえます。

 ちなみに、「寒くて晴れた日が多いと、紅葉が鮮やかになる」とよくいわれますが、この経験則も先ほどの説を補強しています。

 寒くなると光合成の効率が落ち、は葉の中の光エネルギーが過剰になりやすくなります。これによるダメージを減らすため、「優秀な日よけ」のアントシアンが多く合成されて葉がより赤く色づく、というわけです。


まとめ

 葉が色づくのは、樹木が生きていくうえで大切な変化だったのですね。

 紅葉狩りに行った際は、その理由にも思いをはせてみてください。

参考文献

嶋田幸久、萱原正嗣『植物の体の中では何が起こっているのか』ベレ出版、2015年

紅葉現象 | みんなのひろば | 日本植物生理学会


制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/13/news123.jpg 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. /nl/articles/2406/14/news035.jpg 2歳弟、大好きな姉とハグをするはずが…… 胸がギュッとなる数秒後→まさかの展開に「かわいいー!」「男の子って面白い」
  3. /nl/articles/2406/13/news190.jpg 「全員死ねばいいのに」人気グラドル、局部写真送るファンにうんざり 被害明かす→被害拡大で「俺が死ぬわ」
  4. /nl/articles/2405/27/news133.jpg 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  5. /nl/articles/2406/14/news106.jpg 「マジだ! すげー!」 Google Chromeロゴに隠された“まさかの事実”に驚きの声 「今年いちばん驚いたかも」
  6. /nl/articles/2406/11/news013.jpg 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  7. /nl/articles/2406/11/news173.jpg 2年かけて金箔やメッキを集める→完成した“1本の延べ棒”が1466万表示 夢あるビフォーアフターに「ロマンある―!」「継続は力なり」
  8. /nl/articles/2406/14/news028.jpg 「もう付き合っちゃえよ!」と言いたくなるオオタカとトビが話題 集会中のレアな姿に「既に付き合ってるな!」「面白すぎ」
  9. /nl/articles/2406/13/news018.jpg 40歳女性「顔周りに多い白髪、昔は“よりによって……”と落ち込んだけど今では……」 白髪を楽しむグレイヘアに「めっちゃ素敵!」「勇気出た」
  10. /nl/articles/2406/14/news120.jpg 「虎に翼」、まさかの人物が全てをかっさらう Xトレンドで「目力強すぎて圧倒」「“直明役の子かっこいいなあ”と思ったら」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」