ニュース
» 2018年12月07日 11時42分 公開

パンマニアが今年最も注目したパン「パン・オブ・ザ・イヤー2018」発表 見ているだけで食欲が止まらない

マニア注目のパンに胃袋が刺激される!

[crina,ねとらぼ]

 国内最大のパン専門コミュニティーサイト「パンスタ」が、一年間の総括として「パン・オブ・ザ・イヤー2018」を発表しました。パン・オブ・ザ・イヤーは、サイト内の投稿・いいね!・アクセス数とパンスタ編集部の活動を元に、パンマニアがその年最も注目したパンを選出したもの。バゲット部門、食パン部門といった部門別に、8種類のパンが受賞しています。パンマニアが注目したというだけあって、どれもおいしそう!

バケット部門 金賞

 バゲット ラビット(baguette rabbit)〔 愛知県 / 名古屋市 〕「バゲットラビット」

バゲットラビット パン好きを魅了するバゲット

 店名と同名の受賞パンは、三重県産全粒粉入りで深みとコクのある味わいが特徴。クリスピーな軽い食感で食べやすく、口に入れると軽やかにほどけてふわっと旨味が広がります。国産小麦の持つ甘みや旨味がつまったバゲット。

食パン部門 金賞

 食パン専門店 利〔 栃木県 / 日光市 〕「利の食パン」

利の食パン 営業日は土曜のみの食パン専門店の看板商品

 北海道産の高品質小麦粉と甜菜糖、長野県の天然水、沖縄県産天然塩、国産発酵バターなど、しっかり吟味されたこだわりの素材を使用した看板商品が受賞。きめ細かくしっとりして耳まで柔らかい食パンは、トーストすると優しい甘さと小麦の香りが際立ちます。

クロワッサン部門 金賞

 パン デ フィロゾフ(Pain des Philosophes)〔 東京都 / 新宿区 〕「クロワッサン」

クロワッサン つややかな焼き色が美しい

 閉店したパリの高級ブーランジェリー「ドミニク・サブロン」の元シェフが作る絶品クロワッサンが受賞。一層一層が極めて薄く軽やかな食感。AOP醗酵バターを使用した香り高いクロワッサンで、香ばしさ、コク、甘みが順に口の中に広がります。

 

ベーグル部門 金賞

 オーゾウ ベーグル(OZO BAGEL)〔 東京都 / 中央区 〕「ベーグル全般」

ベーグル全般 ボリュームたっぷりの食べ応えベーグル

 ぎゅっと詰まった生地は、噛み応えが強くてむぎゅむぎゅっとした食感。大きくがっしりとしたハードベーグルは、1個で食パン1斤分くらいの重さがありそう。ベーグルサンドは具がこぼれそうなくらいボリュームたっぷり。

サンドイッチ部門 金賞

 パン工房 カワ〔 和歌山県 / 有田郡 〕「生クリームサンド」

生クリームサンド ご当地パンからお取り寄せで全国区に

 食パンとイチゴジャム、生クリームが三位一体となったサンドイッチが受賞。コーヒー味のしっとりふわふわの食パンで甘みを抑えた生クリームをたっぷりサンド。間のイチゴジャムが華やかさと甘みをアクセントとして加えています。お取り寄せも可能です。

カレーパン部門 金賞

 天馬〔 東京都 / 目黒区 〕「カレーパン4種」

カレーパン4種 1個では止められないワンランク上のおいしさ

 カレー専門店が作る「ビーフカレー」「キーマカレー(辛口)」「とろーり半熟卵カレー」「バターチキンカレー」の4種類のカレーパン。どれも深いコク、複雑なスパイスの香り、素材の旨味が詰まっています。ザクザクとした食感の衣と濃厚カレーのバランスが絶妙。

あんぱん部門 金賞

 メイカセブン〔 東京都 / 江東区 〕「うす皮あんぱん」

うす皮あんぱん 1日に作れる数には限りがある職人芸

 東京下町で60年の歴史を持つ名店の人気商品が受賞。驚くほど薄い皮とたっぷり詰まったあんこ……そのインパクトたっぷりな断面が話題になったあんぱん。あんこの量が多いので、お汁粉にしたりあんこを別のパンにつけたりして食べる人もいるそうです。

コッペパン部門 金賞

 (食)盛岡製パン〔 千葉県 / 市川市 〕「コッペパン全般」

コッペパン全般 ふかふかのコッペパンサンドはボリューム感にも満足

 コッペパンブームをけん引する盛岡製パンは、お菓子コッペとおかずコッペの2タイプで幅広いメニューを展開。その中でも、盛岡ローカルグルメのじゃじゃ麺を挟んだ「盛岡じゃじゃ麺」はお店の看板商品。一度食べるとクセになるおいしさです。

 生活している地域以外のパン屋さん情報はなかなか耳に入ってこないもの。気になったパンを目当てに、旅行やお出掛けしてみるのもいいですね。甘いパンやおかずパン……見ているだけで涎が溢れそう。8部門それぞれを受賞したパンを見ながら、今日はどんなパンを食べたいか考えてみませんか?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  2. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  3. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  4. /nl/articles/2206/27/news020.jpg 13歳の柴犬をSNSに投稿→コメントがきっかけで病気だと分かる 飼い主「インスタを始めて良かった」と感謝
  5. /nl/articles/2206/30/news158.jpg 家に届いた不審な代引の荷物……受け取るべきか迷っている時に、佐川急便のお兄さんがかけた「個人的な」言葉がありがたい
  6. /nl/articles/2207/05/news163.jpg 納車から約1年の藤田ニコル、愛車700万円ベンツで親子夜ドライブ “イケメン運転姿”に反響 「かっこいいな〜」
  7. /nl/articles/2207/05/news092.jpg 「みんなすっかりお母さん」 竹下佳江、高橋みゆき、菅山かおるら、女子バレーの“レジェンド集結ショット”に反響
  8. /nl/articles/2207/04/news075.jpg 未来人を称する「南海トラフ巨大地震」“予言”が不安広げる 気象庁「日時と場所を特定した地震予知情報はデマ」
  9. /nl/articles/2207/05/news091.jpg 「顎変形症」手術で大変身の元乃木坂46・伊藤かりん 退院報告&腫れの残る“ぷくぷく”顔を公開
  10. /nl/articles/2207/04/news166.jpg ちばてつや・赤松健らの所属する「日本漫画家協会」がインボイス制度導入反対の声明を発表 漫画家の本名が公表されるリスクにも言及

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」