ニュース
» 2018年12月10日 15時00分 公開

飼うまでは「犬が死んだくらいで」と思ってたけど―― おっさん漫画家と3本足ワンコの漫画がグッとくる (2/2)

[k村,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

 動物病院からの帰りの車中、自分が大変な病気とは知らずに“どこかに遊びに連れて行ってくれるの?”とはしゃぐちょんぴーちゃんを見て、余計に切なくなり大号泣してしまう小田原さん。ガン発覚によって、ちょんぴーちゃんがもはや、いなくてはならない大切な親友であり、大切な家族だと気付かされたのでした。


ALT 小田原さんにとってちょんぴーちゃんはなくてはならない唯一無二の存在です

 左前脚付近にガンが発覚し、治療のため切断を余儀なくされたちょんぴーちゃん。手術後は3本足となってしまいましたが、ちょんぴーちゃんの明るさやエネルギッシュさが変わることはありません。

 だい12わんの「ある日」では、通りすがりのおじさんに「おろ!? この子、脚どうしたん?」と聞かれますが、ちょんぴーちゃんはおかまいなく、おじさんに向かって「ワンワンワン!」と果敢に吠え続けます。

 元気なちょんぴーちゃんの姿を見て、「しかし、エライもんだなぁ。この子は脚が1本無いことなんか何とも思ってないんだなぁ」と感心するおじさん。ちょんぴーちゃんの変わらぬ元気な姿に、小田原さんも「そうかそうか 知らないおっさんやっつけたったか ちょんぴー お前強いな」とつぶやきます。

 「足が1本無くたって、大好きなご主人といられて元気なら大丈夫!」そんな風に言っているかのようなちょんぴーちゃん。人は家族同然であるペットに、癒やしだけでなく、たくましく生きる勇気ももらっているのかもしれません。


ALT だい12わん 「ある日」

 犬と暮らすということは、ただただ楽しいことばかりではありません。かわいさに存分に癒やされたり、ワガママに振り回されて困ったり、自分のことのように愛犬の健康状態を心配したり。

 大変な部分もあるけれど、でも最後に分かるのは「やっぱりペットは大事な家族である」ということ。「ぼくと三本足のちょんぴー」は、“犬と暮らすということ”の楽しさとリアルを、さまざまな場面から教えてくれるエッセイマンガです。


試し読み:『ぼくと三本足のちょんぴー』 だい4わん

ALT

ALT

ALT

ALT

ALT

ALT

ALT

ALT

(C)小田原ドラゴン/やわらかスピリッツ/小学館


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.