ニュース
» 2018年12月15日 19時30分 公開

【マンガ】「畜産・農業の施設へ無断で入るのはダメ」 意外と知られていない畜産農業界のNG行為とは?

大切な動植物を守るために知っておきたい情報です。

[たけしな竜美,ねとらぼ]

 畜産・農業の関係施設には無断で立ち入ってはいけない。部外者がうっかりやってしまいがちな行動に対する、酪農関係者による注意喚起の漫画が話題となっています。


畜産のタブー 関係者以外は立ち入り禁止! 画像提供:牛川いぬお(@TDQFRYtruJY7ZxR)さん

 漫画の作者は、九州の牧場で働いている現役の酪農関係者という牛川いぬお(@TDQFRYtruJY7ZxR)さん。漫画は3年前に起きたという、牛川いぬおさんの体験をまとめたものです。



 牛川さんが牧場で仕事をしていたところ、敷地内に見知らぬ車が入ってきました。車から降りてきたのはやはり知らない人たちで、「牛が見たくて来たんだけど、中に入ってもいいですか?」と言い出しました。

 牛川さんは「この人たちは誰だろう、立入禁止の看板があったのに見てないの?」と疑問に思いながらも、あらためて牛舎は関係者以外立ち入り禁止と伝えます。すると来訪者は「私、この牧場の社長さんとはSNS友達です」と、謎の関係者アピール。「SNS友達を関係者とは言いませんけど?」と牛川さんは心の中でつぶやきます。


畜産のタブー 漫画 画像提供:牛川いぬお(@TDQFRYtruJY7ZxR)さん

 牛川さんが社長に電話で確認したところ、来訪者たちは社長の記憶にない知らない人で、そもそも見学の依頼も連絡も来ていない、とのことでした。追い返して大丈夫、という許可も得ます。

 牛川さんは事を荒立てぬよう言葉を選びつつ、農林水産省や家畜保健衛生所の方針として、家畜の伝染病に関する防疫対策が厳しくなっていることや、伝染病対策の一環として部外者を家畜に近付けないよう指導を受けていることなどを説明しました。来訪者は、それを素直に聞き入れ引き下がってくれました。


畜産のタブー 漫画 画像提供:牛川いぬお(@TDQFRYtruJY7ZxR)さん

 ところで、なぜ部外者の立ち入りを禁じているのでしょうか。家畜の伝染病を運ぶのは、動物だけでなく人間もまたしかりで、どこかで付着した伝染病のウイルスが家畜に感染する可能性があるからです。特に伝染力の強い病原体は、人間や車に運ばれて被害が拡大するケースがあるとのことで、畜産関係者は常に警戒しています。

 家畜の伝染病としては、過去に「口蹄疫(こうていえき)」や「鳥インフルエンザ」、最近では「アフリカ豚コレラ」が話題となりました。これら家畜の伝染病がひとたび発生すると、同じところにいた家畜たちすべてが殺処分になるなどの恐ろしい事態を引き起こすのです。

 最後に牛川さんは「家畜の伝染病は恐ろしいものです。感染を防ぐためにも、『畜舎』『放牧地』『牧草地』へは無断で絶対に入らないで下さい」と注意を促しています。


畜産のタブー 漫画 画像提供:牛川いぬお(@TDQFRYtruJY7ZxR)さん

 口蹄疫など家畜の伝染病への警戒は各畜産関係者のみならず、農林水産省や各市町村からも公布されています。例えば農林水産省の公布した『家畜の飼養衛生管理基準について』には、「家畜を飼育している場所や建物内へ、部外者をみだりに立ち入らせてはいけない」と明確に記載されています。


畜産のタブー 漫画 農林水産省が公布している、部外者の衛生管理区域への立ち入り制限について。農林水産省「家畜の飼養衛生管理基準について」より引用。

 ほかにも岐阜県中津川市では、一般市民に対して「無意識のうちにウイルスなどの病原体を運んでしまうことを予防するため、許可なく家畜のいる農場に立ち入ったり、家畜に触れたりすることがないようにしてください」と注意しています。


畜産のタブー 漫画 岐阜県中津川市農業振興課が公布している、口蹄疫に関する情報。岐阜県中津川市「口蹄疫に関する情報について」より引用。

 観光や見学が可能、と明確に表記されている場所ならば、対策や準備をしているため問題はありません。ですが一般的な畜産農場施設に部外者が立ち入れば、その施設にいる家畜を伝染病で全滅させてしまうかもしれないのです。

 牛川さんの漫画には、畜産農業関係者からの賛同の声が多数寄せられています。実際に部外者の侵入から伝染病が発生した事案のほか、農業関係者の方からも「畑へ無断で立ち入るのは絶対にやめて欲しい」とあり、「畜産と畑作における、防疫の重要性」を考えさせられます。

 動物の伝染病や、植物の病害虫を無意識に広げてしまう可能性を認識して、畜産・農業関係の敷地内や建物内への無断立ち入りは絶対に行わないよう気を付けましょう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/28/news020.jpg 「トップガン」はなぜ「トップガン」なのか? 「トップガン マーヴェリック」でオタクが悲鳴を上げ歓喜した理由
  3. /nl/articles/2205/28/news071.jpg 幸せそうな顔だ! 久慈暁子、結婚発表後初のインスタ更新で夫・渡邊雄太見守る観戦中の笑顔ショット公開
  4. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  5. /nl/articles/2205/27/news012.jpg 利害が一致した柴犬&子猫コンビ “ごはん”のときだけ息が合う姿に「見事なシンクロw」「笑っちゃいました」の声
  6. /nl/articles/2205/28/news068.jpg 胃がんステージ4のバレー代表・藤井直伸、清水邦広&福澤達哉と再会ショット つらい治療の中で「最高の薬です!」
  7. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  8. /nl/articles/2205/28/news065.jpg 漫画家急病でセクシーな女性がサツマイモの画に 「単行本では必ず修正します」
  9. /nl/articles/2205/27/news033.jpg 禍々しい136体の妖怪像が話題 学芸員が「なんのために作れられたのか不明」「類例は見つからず」という造形物が謎すぎる
  10. /nl/articles/2205/28/news063.jpg ともさかりえ、「キンキーブーツ」応援で“一方的な攻撃”受ける 根拠もないうわさで「金田一の頃も苦しめられた」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響