ニュース
» 2018年12月15日 09時00分 公開

「爆音サウンド(!?)」奏でる電動バイク爆誕 台湾キムコの電動スーパースポーツ「SuperNEX」がすげぇ(1/2 ページ)

「電動車の静けさはシラケる。ワイのバイクはこうや」 この考え方、好き。

[agarねとらぼ]

 台湾のオートバイメーカー、KYMCO(キムコ)が、電動スーパースポーツバイク「SuperNEX」を「ミラノ国際モーターサイクルショー(EICMA)2018」で発表しました。

電動バイク KYMCO キムコ SuperNEX 電動スーパースポーツ「SuperNEX」(写真:KYMCO、以下同)
電動バイク KYMCO キムコ SuperNEX SuperNEX

 キムコは1963年に創業した台湾の大手オートバイメーカー。スクーターやATV(全地形対応車)を得意とし、BMWやカワサキ車の受託生産も行っています。変わったところではBMWのフル電動車「i3」(関連記事)のレンジエクステンダー仕様に搭載されるエンジンは、同社製だそうです。もちろん日本国内でも数車種のスクーターが正規輸入されています。

 発表されたSuperNEXは一目で「おぉぉ!」と見入ってしまう、何とも速そうな香りがプンプンするスーパースポーツスタイル。動力は、電動モーターとバッテリーによる100%電動車。0ー時速100キロ加速は2.9秒。これはウン億円クラスの超高級スーパーカー並みの数値です。さらに0ー時速200キロ加速は7.5秒、同250キロ加速は10.9秒と、すさまじい加速性能を実現します。

 なお、モーターの出力やフル充電時の最大航続距離などの詳細仕様は現時点では非公開ですが、値を見ただけでもそれなりに強力なのは容易に想像できます。もちろんショー向けのコンセプトモデルではなく、市販予定であることが予告されています。

SuperNEX スポーツバイクの楽しさを電動バイクでも実現,スポーツバイクの楽しさを電動バイクでも実現
キムコ 電動 スーパースポーツ プロポーションは、そのままスーパースポーツスタイル

 SuperNEXが目指したのは、レシプロエンジン車と比べて比較的容易に「超絶加速」を実現できてしまう電動車の数値的な速さだけではありません。「官能」を盛り込んだのです。「電動車は確かにクリーンでエコで高性能で静かだ。でも、何だかつまらない。なぜかワクワクしない」──こんな人に向けた「あえて」の特殊機能を備えました。

 まず、操る楽しさを重視し、レシプロエンジン搭載バイクと同じような「(クラッチレス)6速マニュアルトランスミッション」を搭載します。もちろんモーターのパワーバンドを有効に使うためでもあります。単一ギアの電動バイクでは所定の速度に達すると加速力が顕著に落ちてしまうそうです。特に「スーパースポーツを操るライダーが重視する高速走行で、最も頻繁に(悪く)感じる」と同社は説明します。

 そして「音」です。同社は「マシンのキャラクター、感覚、情熱が求められるスーパースポーツバイクでは、電動モーターの静けさは課題となる。情熱的な願望の対象ではなく、パーソナルな輸送手段に過ぎなくなってしまう」と嘆きます。そこでSuperNEXには、あえてライダーの感性に訴える音を発生させるマルチ周波数音響発生器を搭載した「アクティブ・アコースティック・モーター」と呼ばれるモーターユニットを搭載します。

マフラーは無いけれど、音にも一工夫 エンジンもマフラーもないが、それだけに「音」に超絶なこだわりを込めた

 「転数とスピードの上昇に伴い、うなりを上げるのようなサウンドの盛り上がりが聞こえるようにする。サウンドはバイクの生の声。マシンの鼓動を伝えるだけはなく、ライダーの魂も揺さぶる」と、音の表現を特に重要な要素に据えました。もちろん音の質感や音量はライダーの好みに合わせて調整できるようにもなっています。

 そして、ライダーの気分や走行シーンに沿って、以下の4つのモードに切り替えられます。

  • Poised(優等生的):落ち着いて近隣を滑るように走行し、周囲の世界を忘れ、ライダーの内面の強さを静かに強調できるモード
  • Assertive(積極的):パワーを出しつつも礼節もわきまえる、バランスモード
  • Bold(大胆):あふれ出るパワーをいつでも解き放てるモード
  • Extreme(究極):野獣のようにパワーをぶっ放し、欲望に燃え、他はバックミラーでしか見えない極限モード

 デザインも、音も、モードも、乗りもの好きの感性をぷすぷすと刺激してくるようで、何だか心地よいですね! 市販モデルの登場が楽しみです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2312/05/news021.jpg 柴犬が見つけた瀕死の子猫、最後の力で立ち上がり…… 優しさが救った小さな命が600万再生「感動と感謝です」
  2. /nl/articles/2312/06/news119.jpg 中尾明慶、「金八」で“めちゃくちゃケンカした同級生”と因縁の再会 10年前の悪態謝り倒し「芸能界でおかしくなっちゃった」
  3. /nl/articles/2312/06/news018.jpg 超大型ワンコ、予想を裏切る“ギャップ萌え”食事シーンが500万表示! お坊っちゃま感あふれる甘えっぷりに「可愛い〜」「品が良いですねw」
  4. /nl/articles/2312/06/news022.jpg インコが“断捨離”したドールハウス、中をのぞいてみると……? 衝撃の光景に「廃墟w」「大変なことにww」
  5. /nl/articles/2312/06/news111.jpg ユージ、新たな愛車は「世界一贅沢なトランポ」 ペルシャ絨毯使用のカスタムカー披露も「僕はバイクを乗せるつもりですが笑」
  6. /nl/articles/2312/06/news036.jpg 掘り起こした土がなかったときのウサギ→ぼう然 では土があったときは? うさうさブルトーザーに「想像を絶する可愛さだった」
  7. /nl/articles/2312/05/news190.jpg 「たった1カ月で行ってしまった」 桃井かおり、YOSHIKIの米国マネージャー追悼 “40年来の無二の親友”だった夫は「涙まだ止まらず」
  8. /nl/articles/1705/16/news143.jpg 「同性愛者を入店させないで」と投書した客に「もう来ないでください」 お店の回答に称賛の声集まる
  9. /nl/articles/2312/05/news138.jpg 田中みな実、“共演した姉”の存在に反響「居るとは聞いていたけど」「激似やなぁ」 すらっとしたたたずまいに「品のあるお方」
  10. /nl/articles/2312/06/news097.jpg 「何処に行っちゃったのかな」 白鳥久美子の息子、生後1か月にして“ちょっと心配”な症状 初受診で医師「この時期に通院する赤ちゃんはいる」
先週の総合アクセスTOP10
  1. オール巨人、30年モノな“伝説の1台”に自負「ここまでキレイな車はない」 国産愛車の雄姿に称賛の声「気品がある」「凄くエレガント」
  2. 「明らかに写真と違う」 東京クリスマスマーケットのフードメニューが物議…… 購入者は落胆「悲しかった」
  3. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  4. 田中みな実、“共演した姉”の存在に反響「居るとは聞いていたけど」「激似やなぁ」 すらっとしたたたずまいに「品のあるお方」
  5. 藤本美貴、“全然かわいくない値段”のテスラにグレードアップ スマホ一つでの注文に「震えちゃ〜う!」
  6. マックで「プレーンなバーガーください」と頼んだら……? 出てきた“予想外の一品”に驚き「知らなかった」
  7. 伊藤沙莉、“激痩せ報道”の真相暴露→広瀬アリスの株が上がってしまう 「辱めったらない」告白に「アリスちゃん、ええ人や〜」
  8. 「あなたは日本人?」突然送られてきた不審なLINE、“まさかの撃退方法”に反響 「センス良い」「返しが秀逸」
  9. “鬼ダイエット”で激やせの「Perfume」あ〜ちゃん、念願の姿に「着れる日が来るなんて」と大喜び
  10. 900万再生のワンコに「電車で笑ってしまった」「つられてめちゃくちゃ笑っちゃうw」 “突然魔王になった犬”に腹を抱える人続出
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「酷すぎる」「不快」 SMAPを連想させるジャンバリ.TVのCMに賛否両論
  2. 会話できる子猫に飼い主が「飲み会行っていい?」と聞くと…… まさかの返しに大反響「ぜったい人間語分かってる」
  3. 実は2台持ち! 伊藤かずえ、シーマじゃない“もう一台の愛車”に驚きの声「知りませんでした」 1年点検時に本人「全然違う光景」
  4. 大好物のエビを見せたらイカが豹変! 姿を変えて興奮する姿に「怖い」「ポケモンかと思った」
  5. 渋谷駅「どん兵衛」専門店が閉店 店内で見つかった書き置きに「店側の本音が漏れている」とTwitter民なごむ
  6. 西城秀樹さんの20歳長男、「デビュー直前」ショットが注目の的 “めちゃくちゃカッコいい”声と姿が「お父さんの若い頃そっくり」「秀樹が喋ってるみたい」
  7. “危険なもの”が体に巻き付いた野良猫、保護を試みると……? 思わずため息が出る結末に「助けようとしてくれてありがとう」【米】
  8. 「やばい電車で見てしまった」「おなか痛い、爆笑です」 カメがまさかの乗り物で猫を追いかける姿が予想外の面白さ
  9. おつまみの貝ひもを食べてたら…… まさかのお宝発見に「良いことありそう」「すごーい!」の声
  10. 「3カ月で1億円」の加藤紗里、オーナー務める銀座クラブの開店をお祝い “大蛇タトゥー”&金髪での着物姿に「極妻感が否めない」