ニュース
» 2018年12月24日 11時00分 公開

30代以上は知らない? 学校での視力検査が「ABCDの4段階方式」に変わった理由 (1/2 ページ)

「子どもができて初めて知った」という声も。

[杉本吏,ねとらぼ]

 「最近の学校での視力検査は、『ABCDの4段階評価』になっていると聞いて驚いた」――そんな声がネット上で広がっています。「20代だけどずっとABCD方式でしたよ」「子供が小学校に入って初めて知りました」など、世代によって大きく反応が分かれているようです。



 視力を1.0、0.9、0.8……と0.1刻みで示すのではなく、A〜Dの4段階で示すやり方は、なぜ採用され、いつ頃から広まったのでしょうか?



視力検査の「370方式」とは

 現在多くの学校で実施されている視力検査は、視力を以下の4段階に区切って表示するもの。

  • A(1.0以上 ):正常な視力
  • B(0.9〜0.7):学校生活にはほとんど支障のない見え方
  • C(0.6〜0.3):教室での授業に多少の影響が見られるため何らかの対策が必要
  • D(0.2以下 ):教室の最前列でも黒板の字が見えにくいために早急な対策が必要

 測定は、ひらがなやランドルト環(「C」のようなマーク)がたくさん並んだ「字づまり視力表」ではなく、1つだけ描かれた「字ひとつ視力表」を使って行われることが増えています。


字づまり視力表 「視力検査で1.0の次が1.1ではないのはなぜ?」(ニデック「目のおはなし」)より
字ひとつ視力表 「児童生徒の視力測定の手引き」(群馬県医師会)より

 この「字ひとつ視力表」には、それぞれ0.3/0.7/1.0の視力に相当するランドルト環が描かれているため、そこからこの方式は「370(サンナナマル)方式」と呼ばれています。


「一番後ろの席からでも黒板の字が見えるか」

 では、なぜ370方式が広まったのでしょうか。日本眼科医会などで学校保健に長年携わってきた、宮浦眼科の宮浦徹院長に聞きました。

 宮浦氏によれば、「学校での視力検査は本来、子供達の見え方が学校生活に適しているかどうかを知るための検査であるべき」という考え方があったと言います。

 過去に行われた実験では、視力が0.7以上(370方式での「B」以上)あれば、教室の一番後ろからでも黒板の字が読め、逆に0.3を切ると一番前の席からでも黒板が見えづらくなることが分かっています。


一番後ろからでも黒板の字が見えるのは「B以上」

 0.1刻みで表示する「視力」は、もともと医療の現場で使われる単位。しかしそこまで細かく測定しなくても、教育の現場では「B以上か」「C以下か」が分かれば、目的を達せるというわけです。

 加えて、「字ひとつ視力表」を使ったやり方は、従来の「字づまり視力表」と比べて検査に要する時間が少なく、結果の誤差が出にくく、導入の初期費用も少なくて済むという利点があります。また、見た目が簡易で答えやすいため、幼稚園や保育園などで幼児を対象にした検査にも適しています。

 まとめると、「検査をする側の負担が少なく、かつ教育現場の実情に即した結果を十分に測定できる」という理由から、今や多くの学校が370方式での視力検査を採用するに至ったのです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/27/news159.jpg 「天空の城ラピュタ」真のヒロイン「若かったころのドーラ」がフィギュアになって登場 ベネリックから
  2. /nl/articles/2110/28/news112.jpg オリラジ藤森、記者をたじろがせた痛快な“週刊誌撃退法”に反響 「これは強い」「とっさの判断素晴らしい」
  3. /nl/articles/2110/28/news021.jpg 初お風呂に入った子猫、ブリーダーおすすめの方法であたためると…… ぬくぬくする姿に「やだかわいい」の声
  4. /nl/articles/2110/27/news095.jpg 水川あさみ、週刊誌に対して怒りの反論 「事実無根だと言っても強行突破で発売」「かなり目に余るものがあります」
  5. /nl/articles/2110/28/news139.jpg 南果歩「韓国のハルモニが天に召されました」 コロナ禍で見とれず悔しい思い告白「もう一度会いたかった」
  6. /nl/articles/2110/27/news100.jpg 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  7. /nl/articles/2110/28/news079.jpg 「これは避けきれん」「怖すぎる」 新潟・国道8号線で起きた多重事故を捉えたドラレコ映像、80代男性が運転する軽自動車が大型トレーラーに衝突
  8. /nl/articles/2110/27/news142.jpg 東神奈川駅の「日本一のジャンボが出てくる」駅そばに仰天 「電車待つ間にサッと食えるサイズじゃないぞ」
  9. /nl/articles/2110/27/news164.jpg 日本銀行、「旧500円玉が使えなくなる」と騙る詐欺への注意を呼びかけ 新500円硬貨の発行後も「引き続き使える」
  10. /nl/articles/2110/28/news014.jpg “めちゃくちゃしゃべる人”の4コマが共感の嵐 お勧めした作品を「合わない」と切られ葛藤を述べまくる

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙