ニュース
» 2019年01月10日 08時00分 公開

除夜の鐘はなぜ108回鳴らすのか?

キリが悪いじゃない。

[QuizKnock,ねとらぼ]

 年も明けて数日経ちましたが、大みそかにお寺で鳴らされた除夜の鐘の音を聞いたでしょうか。ボーン、という音を聞きながら、一年の終わりを実感するのはしみじみと良いものです。



 その除夜の鐘ですが、108回鳴らされるというのは有名な話です。

 なぜわざわざ108回も鳴らすのでしょうか? 108という数字にはどんな意味があるのでしょうか。


2つの説がある

 除夜の鐘の108という数字の意味には主に2つの説があります。

説1:1年の分け方をいろいろ足して「108」

 1つ目は1年間を表すという説です。1年はもちろん12カ月ですが、中国や日本の暦では、1年間を二十四節気に分け、さらにその二十四節気を3分割して七十二候とする季節の区分があります。

 この12カ月、二十四節気、七十二候を合計すると108となり(12+24+72=108)、これが1年間を表しているというものです。


説2:煩悩の数「108」

 2つ目の説はさきほどの1年間の合計という説より広く知られているもので、人間に108個ある煩悩を打ち払うため、という説です。

 しかしこの説では、なぜ人間の煩悩は108個あるのか、という疑問が残ります。108個の煩悩とは一体何なのでしょうか。


煩悩はなぜ108?

 煩悩とはそもそも仏教用語で「心身をわずらわし悩ます心の作用」の総称をいいます。

 煩悩は悟りを妨げるものであり、修行によって消滅させようとする対象です。そのため、仏教では煩悩を研究しさまざまに分類してきました。例えば三毒と呼ばれる貪(とん)・瞋(しん)・痴(ち)という3つの煩悩に分けるものから、八万四千煩悩という途方もない数の煩悩に分けるものまであります。

 煩悩を108に分けるのもその中の1つですが、108やさきほどの八万四千というのは、そもそも仏教の生まれたインドではたくさんとか非常に多いという意味で使われてきた数字です。

 要するに煩悩はたくさんあることを示しているのですが、108は八万四千に比べれば数えやすいので、さまざまな解釈がなされてきました。全てを挙げているとキリがないので代表的な解釈を1つ紹介します。


六根清浄をいろいろわけて「108」

 まず仏教では人間に感覚器官が6つあると考えます。これを六根(ろっこん)と呼び、具体的には眼根・耳根・鼻根・舌根・身根・意根をいいます。意根は、認識し思考する器官を指します。

 六根は人間の認識のもととなるので、ここから煩悩が生じるとされます。余談ですが、掛け声の「どっこいしょ」は六根が清められるように修行者が唱えた「六根清浄(ろっこんしょうじょう)」が語源という説があります。



 さて、六根が対象を把握するとき、好(すき)・悪(きらい)・平(どちらでもない)の3種類があり、そのそれぞれに染(きたない)と浄(きれい)の2種類があると考えます。ここまでで6×3×2=36種類ですね。さらにそのそれぞれに現在・過去・未来の3種類があるとされ36×3=108種類となります。


まとめ

 毎年鳴らされる除夜の鐘。これまでに見てきたように数え方はさまざまです。年末から新年にかけては、自分の煩悩に思いをめぐらせて、新しい年の過ごし方を考えてみる良い機会かもしれません。

参考文献

『精選版 日本国語大辞典』

『広説佛教語辞典』


制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」