コラム
» 2019年01月16日 12時00分 公開

国内外で広まるライフハック「割れた陶器は、牛乳で煮ると元通りになる」 本当に有効なのか調査してみた

「1時間煮ると断片がくっついて、陶器が修復できる」とされています。

[ねとらぼ]

 落としたりぶつけたりすると、パリンと割れてしまう陶器製のお皿やコップ。それを“ある飲み物を使って修復する方法”が、ネット上で話題になっています。

 やり方は「牛乳で1時間煮る」というもの。冷めると、元通りにくっついているのだそうです。え、それだけで本当に直せるんですか?


Togetterにもまとめ記事が登場

 この方法はネット上では以前から知られていたものらしく、例えば、DIY情報などを扱う海外メディア「Apartment Therapy」は2011年、ヒビが入った陶磁器の修復方法として、以下のようなやり方を紹介しています。

  • 鍋にヒビの入った陶磁器を入れ、ヒビ部分が覆われるまで牛乳を注ぐ
  • 鍋を1時間、弱火で加熱する
  • 牛乳を冷ましたら、陶磁器を取り出す

 類似情報を紹介するWebサイトや動画も少なくなく、「(割れている場合は)テープなどを使ってつなぎ合わせてから煮る」「沸騰した牛乳に陶器を入れ、室温で3〜4日間置いておく」などと紹介されている場合も。やり方に多少の違いはありますが、“手軽なDIYテクニック”として広まっていることが伺えます。


真っ二つに割れたコップを輪ゴムで固定し、沸かした牛乳に浸すというやり方。この状態で、室温で3〜4日間放置すると……


このようにキレイにくっつく、と説明しています


こちらはお皿をテープで固定して、大量の牛乳をダバダバ


牛乳は、固形化してヨーグルトのような状態に


残念ながら、今回はお皿の修復に失敗してしまったもよう

 では、なぜ牛乳で陶器がくっつくのか。工業用接着剤などを取り扱う石塚産業に話を伺ったところ、「このような方法は聞いたことがないが、牛乳に含まれる『カゼイン』のはたらきかもしれない。『天然系接着剤』に利用されるタンパク質の一種」とのこと。

 科学的に考えると、そこまで突拍子もない話ではないようですが、強度については「天然系接着剤は、合成系に比べて耐水性が低い傾向がある。もしもカゼインで接着していたとしたら、水でふやけてしまう可能性が考えられる」といいます。

 不明瞭な点が多く、「仮にお皿やコップが修復できたとしても、強度などに不安が残る」というのが実際のところのようです。


石塚産業によるカゼイン接着剤の解説。「耐水性が高い」とされていますが、これはあくまでも“他の天然系接着剤と比較した場合”だそうです

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.