ニュース
» 2019年01月20日 12時08分 公開

スマブラSPで勝率1割の初心者が、1カ月でVIPマッチ入りするまでにやったこと (1/2)

VIPに入って得たものと失ったもの。

[イッコウ,ねとらぼ]

 2018年12月7日に発売した「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」(スマブラSP)には「世界戦闘力」というスマブラの強さを表す数値がある。これは“自分の強さが何人より上か”を示すもので、例えばこれが10万であれば「10万人よりも上の実力がある」ということになる。そして、世界戦闘力が上位になると入れるのが、「VIPマッチ」(以下VIP)だ。本作を手掛けた桜井政博氏によると、「(VIP入りできたら)スマブラがうまいと胸を張れる」という。


スマブラ VIP 世 界 戦 闘 力

 公式から明言されてはいないが、一説によるとこのVIPに入れるのは上位3%の猛者であるらしい。過去作の経験者はすんなりVIP入りする例もあるようだが、残念ながら筆者は過去作を熱心にプレイしたスマブラ―ではなかったので、当初は当然のように連敗を続け、勝率は10%を切るありさまだった。しかし、そんな筆者も発売後1カ月で運良くVIPに到達できた。


スマブラ VIP 選 ば れ し 強 者

 勝率10%を切ってしまうほどスマブラ素人だった筆者がどうやって1カ月でVIP入りを果たしたのか。ひとつのモデルケースとして、筆者がどうやって情報を集め、何を意識して、どう対戦していたのかなど、VIPに入るまでの経緯を簡単にまとめてみた。

 なお、筆者はNINTENDO64版の初代スマブラを小学生のころにやっていた程度で、それ以降のシリーズ作品はほぼ未経験であるが、格闘ゲームというジャンルそのものの経験は豊富だった。ゲーム性が異なるとはいえ、このことが大きなアドバンテージとなっていたことも申し添えておく。



ネット対戦デビュー → ダッシュ攻撃と「凶斬り」ばかりのクラウドにボコられる

 スマブラSPを購入し、最初に直面した壁は「キャラクターのアンロック」だ。スマブラSPには70体以上のキャラクターが参戦しているが、最初から使用できるのは数体のみ。プレイしていくと新たなキャラクターが敵として登場し、それを撃破すればそのキャラクターを使用できるようになる。

 本来は全てのキャラクターを開放した上でメインキャラを模索するべきだが、面倒なのでアドベンチャーモードで早々に開放できる「マルス」をメインキャラに据えることにした。ファイアーエムブレムシリーズが好きだからという安易な理由ではあったが、愛着が湧いたこともあり、以降VIP入りを果たすまでマルスをメインに使用していくことになる。


スマブラ VIP 結果的に上級者からの評価が高いいわゆる“強キャラ”を選択することとなった。このこともVIP入りに影響を与えていると思われる(画像はスマブラ公式サイトより)

 マルスをアンロックしてから、CPU対戦やネットで4人制の乱闘を数戦こなした後に、「ガチ勢のルールでやってみよう」と考えて“終点ステージの1on1でアイテム無し”というガチ対戦に挑戦。忘れもしないが、1戦目はダッシュ攻撃と「凶斬り」を繰り返し、たまにスライディングを織り交ぜるだけのクラウドに完封負けという結果に終わった。

 「まぁ最初はこんなもんだろう」と頭を切り替え、その後も色んなキャラクターと対戦したが、ほぼ全敗。おそらく初日だけで20連敗ぐらいはしただろうか。勝率は1割未満で世界戦闘力は1万を切るか切らないか……というレベルで、おそらく全てのプレイヤーの中でも最底辺のレベルだった。

 今思えば、キャラクターの操作方法すら分かっていないので勝てるはずがない。ガードはとっさにできないし、空中回避のやり方も知らない状態では当たり前だ。そこで、基本的な操作方法を指に覚えさせるべく、アドベンチャーモードを進めてCPU相手に練習し、同時にネットで攻略情報を探すことにした。


スマブラ VIP 負けっぱなしじゃ終われないと考えてプロコンも購入


情報収集に便利だったYouTube

 ネット上で攻略情報を探すものの、Googleで「スマブラSP 攻略」などと検索しても、UIとSEOだけ立派で中身はスカスカな攻略サイトばかりヒット。かといってTwitterで攻略情報を探そうとしても、初心者向けの情報は少なかった。

 スマブラ発売直後からそんな状況で「攻略情報の効率的な収集」が深刻な課題となっていたが、そんな状況で役に立ったのがYouTube。対戦動画や実況はもちろんだが、スマブラ新作の発売に合わせて過去作の経験者が重要テクニックや各キャラクターの強みを説明する動画が多数投稿されていた。そもそもアクションゲームの攻略は文章で読むよりも動画で見たほうが分かりやすい。

 攻略動画を投稿しているチャンネルは多いが、個人的に特におすすめしたいのが「スマブラハウス」チャンネルだ。このチャンネルでは、吉本興業とプロゲーマー契約している「Japanese小池」さん(スマブラは初心者)をメインMCに据え、数々のトッププレイヤーをゲストに迎えて初心者目線を織り交ぜながら攻略情報を解説している。「最新キャラランキング」など扱うテーマも実践的で編集も見やすいし、「手っ取り早くVIPに行くためにはクラウド・ウルフを使いましょう」など、VIPを目指す人特化のド直球な動画もある。


画像 攻略サイトでは、「Smashlog」がとても参考になった。SmashlogはYouTubeチャンネルもあるので、そちらも是非(画像はSmashlogより)


細かい要素から考える

 電車の中で動画を見ながら戦術を学び、家に帰ればアドベンチャーモードをプレイして操作方法を指になじませる……という生活を1週間ほど続け、満を持して再び“ガチルール”のネット対戦に挑戦した。しかし、以前よりはキャラクターを動かせている実感があるものの、やはり負けの連続。当然「どうすれば勝てるのか」をあらためて考えるわけだが、「こういう風に攻めて、こうやって守ろう」「位置関係はこうやって意識しよう」のような大きな要素ではなく、「ロケットずつきの復帰をどう阻止するか」「クラウドのダッシュ攻撃をガードした後は何をするべきか」など細かい要素から詰めていくことにした。

 格闘ゲームの攻略は、「特定の状況になったとき、どう動くのがベストか」を考えて進められることが多いから……という発想だったが、思えばここが“1カ月でVIP入り”する上で最初のターニングポイントだったのかもしれない


スマブラ VIP 個別の状況で最適な行動を探るのは、これまでの格闘ゲームの経験でも基本的な攻略法だった

 筆者がスマブラで具体的に試してみたのは「相手の技を密着でガードしたらとりあえず投げてみる」「ふっ飛ばした後は相手の復帰際に合わせて崖上でカウンターを置いてみる」など。細かく書き出してはいないが、少なく見積もっても数十項目はあるだろう。大まかな方針を定めるのも悪くはないとは思うが、細かい要素でトライ・アンド・エラーを繰り返せば“やっていいこと・悪いこと”をすぐに選別でき、その後の改善も容易だ。もちろん、使用率の高いキャラクターの対策も、基本的にはこの方法で行う。


スマブラ VIP 復帰際でカウンターを置くとガンガン引っかかってくれる

 その調子で数百戦はしただろうか。最初は対戦するたびにボコられていたが、こうした試行錯誤を続けていくと徐々に勝率が上向いてきた。しかし、それでもVIP入りには程遠い状態。やはり自分にVIP入りは無理なのか……と諦めかけていたが、ブレークスルーは突然やってきた。



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた