ニュース
» 2019年02月01日 08時00分 公開

適当すぎるだろ! 2月が28日までしかない理由

給料日の間隔は早くなる。でも締切の間隔も早くなる……。

[QuizKnock,ねとらぼ]

 2月に入ってよく意識することといえば、「今月は28日しかない」ということです。31日まである月を「大の月」、それ以外の月を「小の月」と言いますが、同じ小の月でも4月や6月はちゃんと30日まであります。

 2月だけ、28日しかないのはなぜでしょうか。また、うるう年に1日挿入されるのが「2月29日」な理由も気になりますね。例えば「4月31日」を挿入するようにしてもいいはずです。

 これらの理由はいくつかありますが、根本的には「古代ローマの暦が3月始まり・2月終わりだった」「古代ローマの暦が太陰暦だった」ということに起因します。どういうことなのか、見ていきましょう。


農作業の目安にするために暦が作られた

 現在世界で使われている「グレゴリオ暦」の起源は、紀元前、それも帝国となる前のローマまでさかのぼることができます。


最初に作られた「ロムルス暦」

 最初に作られた暦は「ロムルス暦」とよばれるものです。ロムルスとは、ローマを建国したという伝説の人物の名前です。このころは、暦は農耕作業の目安にするためのものでした。農作業をしない冬ごもりの時期に月はなく、現在の3月から12月にあたる10カ月だけが決まっていたのです。



冬にも暦を足した「ヌマ暦」

 ところが、冬の間の暦がないのを不便に思ったのか、後のヌマ・ポンピリウスという統治者の時代に「ヌマ暦」というものが作られました。これは、ロムルス暦の第十月(December、現在の12月)の後ろに、第十一月(Januarius、現在の1月)と第十二月(Februarius、現在の2月)という月を加えたものです。



 こうして、ヌマ暦になって初めて1年が12カ月と決まったのですが、このときはまだ第一月はマルティウス(Martius、現在の3月)とされていました。初めに書いた「3月始まり・2月終わり」とはこういうことです。


月の満ち欠けを利用していたので1年は355日

 ヌマ暦は月の満ち欠けを基準にした太陰暦で、1年の日数は355日とされました。また、偶数を忌み嫌っていたようで、各月の日数を決めるにあたっては「29日」か「31日」が割り振られました。

 ところが、最初のマルティウスから順番に、「ロムルス暦で30日の月は29日に、31日の月は31日に」と割り振っていくと、1年をぴったり355日にするためには、第十二月のフェブラリウスを28日にするしかなかったようです。



 なんとも適当な……と思ってしまいますね。ともあれ、ヌマ暦におけるこうした「最後のフェブラリウスだけ少ない」という日数の決め方が、太陽暦となった後の暦にも引き継がれ、現在に至ります。


2月は最後の月だったから“うるう年”で足される対象になった

 紹介した「ヌマ暦」は太陰暦で、1年の日数が355日しかありませんでした。ということは、1年に10日くらいずつ、暦と実際の太陽の動きがズレていってしまうことになります。

 そこでヌマ暦では、2年ごとに、最後の月・フェブラリウスの中に「閏月」(うるうづき)を挿入していました。毎年フェブラリウスの23日に重要なお祭りが行われていたのですが、閏年ではその次の日は24日ではなく、「閏月の1日目」とされました。



 要するに、「太陰暦のせいで生じるズレを帳尻合わせするタイミングが、第十二月・現在の2月だった」のです。


おわりに

 後の改革で、ヤヌアリウスを第一月に、フェブラリウスを第二月にと、先頭に割り込ませることが行われました。しかし、「新しい第十二月・ディセンバーで帳尻合わせをしよう」とはならず、フェブラリウス・2月に日数合わせをし続けたのが、現在まで残っているのです。

 「1月と2月が後から先頭に割り込んできた」ということは、暦のほかの部分にも影響を与えています。よく出る疑問に「オクトーバーのオクトは8なのになぜ10月なのか」がありますが、これも今回紹介した経緯に起因することです。

 ※ラテン語でocto(オクト)は8を意味する。

 気になる方はぜひ、暦の世界へ踏み込んでみるとおもしろいですよ。

参考文献

岡田芳朗、伊東和彦、後藤晶男、松井吉昭(2006)『暦を知る事典』東京堂出版

上田雄(2009)『文科系のための暦読本 古今東西の暦の「謎」を読む』彩流社

正宗聡訳(2013)『サイエンス・パレット 009 暦と時間の歴史』丸善出版


制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/13/news017.jpg 庭での穴掘りが見つかった柴犬→「やべっ」 考えた末にとった行動に「掘るんかいw」「元気で何より」の声
  2. /nl/articles/2208/13/news055.jpg 佐藤仁美、ド派手なファッションセンスにマネジャーも驚き 「電車じゃ誰も隣に座ってくれない」
  3. /nl/articles/2208/13/news056.jpg ムスカ「すばらしい!」 スタジオジブリ、セリフ付きのキャラ画像を投稿 「常識の範囲内で、自由に使ってください」
  4. /nl/articles/2208/13/news053.jpg 「天空の城ラピュタ」のドーラ、“若いころはシータにそっくり”は本当だった! 金ロー解説ツイートに「気付かなかった」「初めて知った」
  5. /nl/articles/2208/12/news114.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉“みっちゃん”&暴走しまくり父親とパワフル家族旅行 「いつも仲良し」「愛情いっぱいの家族」
  6. /nl/articles/2208/12/news156.jpg 『呪術廻戦』渋谷駅前ジャックの高画質動画を公式が公開 「鳥肌やべぇ」「格好良すぎ」とファン大興奮
  7. /nl/articles/2208/13/news021.jpg 飼い主を亡くしたシニア大型犬を家族に迎え…… 先住犬とのドキドキの初対面に「少しずつ仲良くなれますように」
  8. /nl/articles/2208/12/news142.jpg 片側を伸ばしたゼムクリップの使い道とは? 情シスならわかる“あるある”に「お世話になりました」「私の机にもある」
  9. /nl/articles/2208/13/news075.jpg ステージ3の秋野暢子、抗がん剤治療2クール目終了を報告 「ちょっと辛い時間もあった」
  10. /nl/articles/2208/12/news019.jpg 爪切りが苦手なでっかいワンコと飼い主の攻防戦 優しい拒否のしぐさが子どもみたいでかわいい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい