ニュース
» 2019年02月01日 08時00分 公開

適当すぎるだろ! 2月が28日までしかない理由

給料日の間隔は早くなる。でも締切の間隔も早くなる……。

[QuizKnock,ねとらぼ]

 2月に入ってよく意識することといえば、「今月は28日しかない」ということです。31日まである月を「大の月」、それ以外の月を「小の月」と言いますが、同じ小の月でも4月や6月はちゃんと30日まであります。

 2月だけ、28日しかないのはなぜでしょうか。また、うるう年に1日挿入されるのが「2月29日」な理由も気になりますね。例えば「4月31日」を挿入するようにしてもいいはずです。

 これらの理由はいくつかありますが、根本的には「古代ローマの暦が3月始まり・2月終わりだった」「古代ローマの暦が太陰暦だった」ということに起因します。どういうことなのか、見ていきましょう。


農作業の目安にするために暦が作られた

 現在世界で使われている「グレゴリオ暦」の起源は、紀元前、それも帝国となる前のローマまでさかのぼることができます。


最初に作られた「ロムルス暦」

 最初に作られた暦は「ロムルス暦」とよばれるものです。ロムルスとは、ローマを建国したという伝説の人物の名前です。このころは、暦は農耕作業の目安にするためのものでした。農作業をしない冬ごもりの時期に月はなく、現在の3月から12月にあたる10カ月だけが決まっていたのです。



冬にも暦を足した「ヌマ暦」

 ところが、冬の間の暦がないのを不便に思ったのか、後のヌマ・ポンピリウスという統治者の時代に「ヌマ暦」というものが作られました。これは、ロムルス暦の第十月(December、現在の12月)の後ろに、第十一月(Januarius、現在の1月)と第十二月(Februarius、現在の2月)という月を加えたものです。



 こうして、ヌマ暦になって初めて1年が12カ月と決まったのですが、このときはまだ第一月はマルティウス(Martius、現在の3月)とされていました。初めに書いた「3月始まり・2月終わり」とはこういうことです。


月の満ち欠けを利用していたので1年は355日

 ヌマ暦は月の満ち欠けを基準にした太陰暦で、1年の日数は355日とされました。また、偶数を忌み嫌っていたようで、各月の日数を決めるにあたっては「29日」か「31日」が割り振られました。

 ところが、最初のマルティウスから順番に、「ロムルス暦で30日の月は29日に、31日の月は31日に」と割り振っていくと、1年をぴったり355日にするためには、第十二月のフェブラリウスを28日にするしかなかったようです。



 なんとも適当な……と思ってしまいますね。ともあれ、ヌマ暦におけるこうした「最後のフェブラリウスだけ少ない」という日数の決め方が、太陽暦となった後の暦にも引き継がれ、現在に至ります。


2月は最後の月だったから“うるう年”で足される対象になった

 紹介した「ヌマ暦」は太陰暦で、1年の日数が355日しかありませんでした。ということは、1年に10日くらいずつ、暦と実際の太陽の動きがズレていってしまうことになります。

 そこでヌマ暦では、2年ごとに、最後の月・フェブラリウスの中に「閏月」(うるうづき)を挿入していました。毎年フェブラリウスの23日に重要なお祭りが行われていたのですが、閏年ではその次の日は24日ではなく、「閏月の1日目」とされました。



 要するに、「太陰暦のせいで生じるズレを帳尻合わせするタイミングが、第十二月・現在の2月だった」のです。


おわりに

 後の改革で、ヤヌアリウスを第一月に、フェブラリウスを第二月にと、先頭に割り込ませることが行われました。しかし、「新しい第十二月・ディセンバーで帳尻合わせをしよう」とはならず、フェブラリウス・2月に日数合わせをし続けたのが、現在まで残っているのです。

 「1月と2月が後から先頭に割り込んできた」ということは、暦のほかの部分にも影響を与えています。よく出る疑問に「オクトーバーのオクトは8なのになぜ10月なのか」がありますが、これも今回紹介した経緯に起因することです。

 ※ラテン語でocto(オクト)は8を意味する。

 気になる方はぜひ、暦の世界へ踏み込んでみるとおもしろいですよ。

参考文献

岡田芳朗、伊東和彦、後藤晶男、松井吉昭(2006)『暦を知る事典』東京堂出版

上田雄(2009)『文科系のための暦読本 古今東西の暦の「謎」を読む』彩流社

正宗聡訳(2013)『サイエンス・パレット 009 暦と時間の歴史』丸善出版


制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  2. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. /nl/articles/2110/25/news079.jpg 浜崎あゆみ、帝王切開の経験を告白 「お腹の傷を愛おしく誇りに思う」と“消えない偏見”に思いつづる
  4. /nl/articles/2110/25/news007.jpg 「ロード・オブ・ザ・リング」の重要アイテムがカプセルトイで登場 “ひとつの指輪”も手に入ってしまう
  5. /nl/articles/2110/25/news051.jpg 「アッ...アッ......困りますお客さま…!」 子猫を迎えて2日目、すっかり懐いて飼い主を無事メロメロにしてしまう
  6. /nl/articles/2110/24/news049.jpg 本田望結、小型船舶免許を取得し免許証を公開 姉・真凜もびっくり「凄っ、知らんかったって笑」
  7. /nl/articles/2110/23/news032.jpg 『ちいかわ』が“幸福論を問う作品”であるという決定打 なぜ「オフィスグリコちゃんのカエル」でTwitterがどよめいたのか
  8. /nl/articles/2110/24/news027.jpg 所さんのピンクのフィアット500が事故で「水没」 めっちゃかっこいい、からの「普通に失敗しちゃうところも好き」の声
  9. /nl/articles/2110/24/news044.jpg 深田恭子、2022年のカレンダーで花に囲まれた美女ショット ファン「美しすぎる」「来年も一緒に過ごします!」
  10. /nl/articles/2110/25/news022.jpg 【漫画】「うちの一族は死人が出る前にインターフォンが鳴る」―― ある一族に伝わる「死の予兆」と、当事者に起きた不思議な出来事

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる