ニュース
» 2019年01月22日 18時20分 公開

アルファベットの「X」、書き順どうやってる? 海外で意見が割れて盛り上がる

アメリカとイギリスで傾向が異なるという、興味深い説も。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「アルファベットの『X』を、どのような筆順で書いていますか?」――そんな質問がきっかけで、海外のTwitterユーザーが盛り上がっています。言われてみると、あまり順序を意識して書いたことないかもしれない。


X 2本の斜線、どちらの線から、どの向きに書いていますか?

 質問者は、2画のうちどちらの線を先に書くか、線は上から下へ払うかその逆かといった、組み合わせの異なる8パターンの書き方を画像で提示しました。このツイートに寄せられたリプライは、なんと2万7000以上。各々が普段自分の用いている書き方を番号で答えました。

 ざっと見渡すと、「左上から右下、右上から左下」の順で書く「7番」との回答が多い様子。次いで8番(右上から左下、左上から右下)と5番(左上から右下、左下から右上)、6番(左下から右上、左上から右下)が目立ちます。


7番 回答で一番目立った7番のパターン。日本でもこの順番で教わった人が多いのでは

 質問者は反応を受けて、「全般的にアメリカ人は7か8、イギリス人は5か6を共通認識としている。おそらくそのように習ったのだろう」とまとめました。もっとも、「私はアメリカ人だけど、5番で書くよ?」といった反応もあり、一概には言えません。欧米の人にとって、アルファベットの書き順に意味はなく、各自がやりやすいように書いているようです。利き腕にも左右されるでしょうしね。


 ちなみに、日本でもアルファベットの書き順に決まりごとはありません。一応、文部科学省が小学校向けに提供している補助教材には、質問ツイートの7番にあたる書き順が掲載されています。ただ、「アルファベットの文字の書き順は参考に示したもので、決まりはありません。あなたが書きやすいように書きましょう」と併記されており、やはり個人の好みで問題ないようです。


教材 文科省の教材。Xよりも、Wを4画に分ける書き順の例が気になるかも


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」