コラム
» 2019年01月23日 18時42分 公開

全人類の90%以上が誤解? 意外と知られていない“はんだ付けで金属がくっつく理由”

大まかなやり方は、学校の授業で習ったような……。

[ねとらぼ]

 電子部品などを接合する際に行われる、はんだ付け。学校の授業で経験がある人も多いはずですが、日本はんだ付け協会理事長(@handatsuke)によると、「全人類の90%以上」がはんだ付けで金属がくっつく理由を誤解しているのだとか。



 基板に電子部品のリード線を差し込み、そこを高温の「はんだごて」で加熱。針金のような形状をした「はんだ」を押しつけて融かし、良いタイミングではんだ、はんだごてを離す――ざっくり言うと、はんだ付けの手順はこんな感じ。では、この作業をすると、どうして接合できるのでしょうか。

 日本はんだ付け協会理事長によると、この原理は「はんだが持つ“すず”の原子と、基板やリード線の銅原子が互いに拡散することで、合金層が形成される」というもの。「融かして固めたはんだでくっつく」のではなく、「融かして固めたはんだと、基板などのあいだにできる合金でくっつく」というわけです。このため、はんだをたくさん盛っても接合強度は強くならないといいます。

 こういったことを知らない人が、本当に人類の90%以上……かどうかは定かではありませんが、Twitter上では「知らなかった」「原理までは習ってなかった」といった声が続出。かなりの人が理解していない話というのは、間違いなさそうです。

 ちなみに、接合強度がもっとも強くなるのは、形成される合金層が1〜3マイクロメートルのときで、このためには熱が不足しても、加熱し過ぎてもいけないのだとか。基本的なやり方は中学校などでも教わりますが、突き詰めるとなかなか奥の深い世界のようです。



画像提供:はんだ付け職人(@handatsuke)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/16/news008.jpg 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  2. /nl/articles/2110/15/news148.jpg 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  3. /nl/articles/2110/16/news042.jpg 木村カエラ&永山瑛太、仲睦まじい美術館デートに反響 「素敵!」「ご夫婦で行かれたのですね」とファンほっこり
  4. /nl/articles/2110/16/news014.jpg “いけにえ”に出された娘が望むのは…… かわいそうな話からの強火すぎる漫画に「このヒロイン大好き」「いいぞもっとやれ」
  5. /nl/articles/2110/15/news028.jpg 【漫画】好きでもないケーキを毎週買いに来るおじさん客、いら立ったバイトが“イジワル”をしかけると…… すれ違いから始まる交流に涙
  6. /nl/articles/2110/16/news040.jpg 浜田雅功&小川菜摘、32回目の結婚記念日に仲よし夫婦ショット 息子からの祝福&プレゼントに笑顔で「嬉しい〜!」
  7. /nl/articles/2106/06/news011.jpg 号泣する2歳児に黒猫が寄り添うと…… 子どもをあやしてくれる兄のような猫ちゃんにほっこり
  8. /nl/articles/2110/15/news145.jpg 仲里依紗、運転免許証も鮮やかなブルーの髪色で 派手さマシマシの写真公開し「2026年までこれか〜」
  9. /nl/articles/2006/13/news011.jpg 王子が一目ぼれしたガラスの靴の少女、その正体は……? 童話みたいにいかないラブコメ漫画に「続きが気になる」の声
  10. /nl/articles/2110/16/news017.jpg よくある「パワータイプの弟と頭脳タイプの兄」……と思ったら? 全部盛りな兄とかわいいだけの弟の漫画がギャップ萌えのような何か

先週の総合アクセスTOP10