コラム
» 2017年11月11日 11時00分 公開

どうして「10.5ポイント」? Wordのデフォルトフォントサイズが半端な数値になった理由

Microsoftのミスではありません。

[QuizKnock,ねとらぼ]

 長年、文書作成ソフトのスタンダードとして利用されている「Microsoft Word」。フォントサイズは、どういうわけか10.5ポイントがデフォルトに設定されています。何でそんな半端な数字にしちゃったんです?

 実はこれ、Microsoft社の気まぐれ……ではなく、ちゃんとした由来があるのです。今回は、意外と知らないモノの由来をいくつかまとめてご紹介します。

なぜ「Word」のデフォルトフォントサイズは「10.5」なのか?


意外と知らないモノの由来

 「Word」のデフォルトフォントサイズは、かつて日本で使われていた活字の大きさの単位「号」に由来。公文書は5号で作成するよう定められていたのですが、10.5ポイントはこれとほぼ同サイズなのです。

 従来の5号に代わり、1962年にJIS(日本工業規格)の「フォントの暫定的な基準」として設定された10.5ポイント。将来的には廃止される予定だったのですが、使い勝手が良かったことから、現在でもスタンダードなフォントサイズとして使用され続けています。

リュックについている「ブタの鼻」みたいなアレの正体


意外と知らないモノの由来

 リュック背面の目立つところに付いている、四角くてブタの鼻のような2つ穴があるアレ。もともとは、登山用具のピッケル(雪山を登るためのつるはしのような道具)を差す「ピッケルホルダー」でした。

 そこから、カジュアルなデイパックなどにも取り入れられる定番デザインに。現在はメーカー、ユーザーともに、見た目から「ブタ鼻」と呼ぶことが多いようです。

トランプのキングには、モデルの人物が4人いる

 トランプの絵札である「キング」は、スペード、クラブなど4種のマークごとに異なるデザイン。これは16世紀ごろのフランスで、絵札に伝説上の偉人を当てはめたのが由来とされています。

  • ダビデ王(スペード):旧約聖書に登場する古代イスラエルの王。ミケランジェロの「ダビデ像」でも有名
  • アレキサンダー大王(クラブ):各地を征服し、一大領土を築いたマケドニアの王。教科書にも登場する「ヘレニズム文化」は、彼の東方遠征により誕生したといわれることも
  • ユリウス・カエサル(ダイヤ):共和制ローマ時代の政治家。4人のキングのうち、1人だけ斧(おの)が描かれています。これは「ファスケス」と呼ばれるもので、古代ローマでは執政官(コンスル)の権威の象徴でした
  • カール大帝(ハート):西ローマ帝国滅亡後に誕生したフランク王国の王。唯一、口ひげが無いキングなのですが、これは木彫り職人がミスして、版画の口ひげ部分をそり落としてしまったからと伝えられています

意外と知らないモノの由来意外と知らないモノの由来 左:ダビデ王(スペード)、右:アレキサンダー大王(クラブ)


意外と知らないモノの由来意外と知らないモノの由来 左:ユリウス・カエサル(ダイヤ)、右:カール大帝(ハート)

 ちなみに、クイーンやジャックにもそれぞれモデルが存在。スペードのクイーンはオリンポス12神の1柱であるパラス・アテナ、クローバーのジャックは円卓の騎士の1人、ランスロットがモデルなんだとか。

「黒船が黒かった」理由、分かりますか?


意外と知らないモノの由来

 幕末の1853年、浦賀(今の神奈川県)に来航した「黒船」。この呼び名になったのは、もちろん船体が黒かったからです。では、どうして黒くする必要があったのでしょうか。

 木造船である黒船には、防水・防腐作用のある塗料が塗られていました。その原料が黒いコールタールだったため、船体が黒色になっていたのです。

 ちなみに、船体塗料には生き物が船体にくっつくのを防ぐ役割もあるのですが、海の生物に悪影響を及ぼす有機スズ系防汚剤などが利用され、国際的に対策が講じられたことが。黒船を黒く染めていたコールタールも、現在では発がん剤として知られています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. DAIGO、姉・影木栄貴のシニア婚に感慨「アスランが好き過ぎて」「人生何が起こるかわからない」 義妹・北川景子が後押し
  2. 大阪王将「ナメクジの侵入があった」と認める 告発者は「ナメクジが6匹並んでいた」と発言
  3. かわいすぎるおっさんだな! 橋本環奈、23歳にして自宅にビールサーバーを設置 すっぴんで「ぷはー……うまっ」「おいしすぎてビックリ」
  4. 「お先にどうぞ」で歩行者妨害は不成立 道を譲られたドライバーの交通違反が撤回へ 警察が謝罪
  5. 大型犬「こわいよぅ!」→先生「震えすぎて心臓の音が聞こえません笑」 診察を必死に頑張るハスキーが応援したくなる
  6. 益若つばさ、休業を宣言 骨折直後の“死体みたい”な写真とともに「命が危なかったか下半身不随」の可能性あったと告白
  7. 坂口杏里さん、夫の前で“推し男性”に抱きつく画がカオスすぎる 「本当にこんなに好きになった人、7年間の元カレと王子だけ」
  8. スタッフが掃除していると、ウミガメたちが列を作って…… 甲羅磨きをねだる姿が「かわいいw」「気持ちいいのかな?」と話題に
  9. 「担保に傷いったのがショック」 粗品、535万円したレクサス白に擦り傷 購入報告からわずか2日の惨事に落胆
  10. 柴犬さんが「じいじとばあばのお布団の間」に一番乗り! 最高にいとおしい寝姿に癒やされる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい