ニュース
» 2019年01月26日 19時51分 公開

「宅ふぁいる便」不正アクセスで480万件の個人情報漏えいが発覚 いまだサービス再開のめど立たず

23日から不正アクセスの可能性があるとしてサービスを停止していました。

[ねとらぼ]

 現在、サービス一時停止中となっている「宅ふぁいる便」について、運営元のオージス総研は1月26日、メールアドレス(ユーザーID)やログインパスワードなどを含むユーザーの個人情報約480万件の漏えいが確認されたと発表しました。過去に「宅ファイル便」を利用したことがあるユーザーで、他のWebサービスでも同じIDやパスワードを使っている人は、速やかにログインパスワードを変更するよう呼びかけています。



 「宅ファイル便」は大容量のファイルを無料で転送できるサービスでしたが、不正アクセスの疑いがあるとして、1月23日の10時50分ごろにサービスを停止。この時点ではまだ具体的な被害については不明でしたが、調査を進めたところ、ユーザー情報の漏えいが確認されたとのことです。情報漏えいの範囲は、メールアドレス、ログインパスワード、生年月日、氏名、性別、業種・職種、居住地(都道府県のみ)で、件数は約480万件。


宅ふぁいる便 個人情報漏えいの範囲(公式サイトより)

 今回の漏えいを受けて、オージス総研は「お客さまの大切な情報が漏洩する事態となり、大変なご迷惑、ご心配をおかけすることになりましたことを重ねてお詫び申し上げます」と謝罪。漏えいの可能性があるIDやパスワードを他サイトで使っている場合は変更するよう呼びかけているほか、また1月13日から23日までに「宅ファイル便」を利用していた場合、送信されたファイルが送れていない可能性があるため、確認してほしいとしています。なお、「宅ふぁいる便」のサービス再開については現時点でまだめどが立っていないとのこと。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.