ニュース
» 2019年02月01日 13時00分 公開

幸せを運ぶ魔法使い、メリー・ポピンズが戻ってきた! 「メリー・ポピンズ リターンズ」主演女優を前に童心に返ってみた

スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス!

[大原絵理香,ねとらぼ]

 1964年に公開された映画「メリー・ポピンズ」は、実写とアニメーションが織り交ぜられた革新的な映像と、印象的な音楽やダンスで今なお愛されている作品です。

 55年前、メリー・ポピンズにたくさんの夢をもらったジェーンとマイケルでしたが、大人となりすっかりメリー・ポピンズの存在や、子どものころの夢を忘れてしまいました。2019年、そんな彼らのもとに、幸せを運ぶ魔法使い、メリー・ポピンズが戻ってきます。


 2月1日から全国公開となった「メリー・ポピンズ リターンズ」で、主人公のメリー・ポピンズを演じたエミリー・ブラントが初来日。彼女が「メリー・ポピンズ」に抱く思い出や、今作への思いを聞きました。

メリー・ポピンズ リターンズ エミリー ブラント インタビュー メリー・ポピンズを演じたエミリー・ブラント(撮影:堤博之)

―― 「すぐ戻ってきてね」から半世紀以上がたちましたが、私たちは再びメリー・ポピンズに会うことができました。前作のメリー・ポピンズ像をどう捉えていましたか。また、前回を特に生かした点、もしアレンジした点があれば教えてください。

エミリー・ブラント(以下、エミリー) そう、50年もたってしまったのよ。皆さんも、そして私もまた会いたかったメリー・ポピンズは、前作でジュリー(ジュリー・アンドリュース)があれだけの光り輝く演技を見せてくれたおかげで、今回、私がメリー・ポピンズを演じることができたのだと思っています。

 ただ、幼い頃にオリジナルを見たことはありましたが、今回キャスティングが決まってからは、あえて見ないようにしていました。というのも、まねをするのではなく、私なりのメリー・ポピンズを演じたかったから。それは周りのキャストやスタッフも同じ気持ちで、オリジナルを大切には思っていましたが、模索する勇気が必要だったんです。

メリー・ポピンズ リターンズ エミリー ブラント インタビュー

―― では、子どもの頃に見た「メリー・ポピンズ」の思い出を教えてください。

エミリー 私が最初に見た作品は「王様の剣」で、次に見たのが「ライオンキング」。この2作品を含めた多くのディズニー作品が全て大好きだったけれど、中でもやはり「メリー・ポピンズ」は特別でした。子ども心に、空を飛べるのは本当に憧れていましたし、ディズニー作品の中でもしなれるなら、やっぱり私はメリー・ポピンズになりたいと答えます。

メリー・ポピンズ リターンズ エミリー ブラント インタビュー

―― ディズニー作品は特別なものが多いのですね。

エミリー ええ。なぜディズニー作品に特別な気持ちを抱くかというと、ディズニーが子どもたちを見くびらないから。魔法のような世界に連れて行ってくれると同時に、その中心には深遠なテーマがあるからで、それは「メリー・ポピンズ」も同様だと思います。

メリー・ポピンズ リターンズ エミリー ブラント インタビュー (撮影:堤博之)

―― ぜひ“メリー・ポピンズとして”お伺いしたいのですが、大人になって、すっかり夢を忘れてしまったバンクス家の子どもたち――ジェーンとマイケル――との再会はどうでしたか?

エミリー とても楽しかったしうれしかったです。ジェーンとマイケルはすっかり大人になっていたのに、私は相変わらず彼らを子ども扱いしていて。でもそれは、当時から現在にいたるまで、彼らに深い愛情を持っていたから。「もう大丈夫ね」と思って別の家族の下に行ったのに、戻ってきたら家はぐちゃぐちゃで、マイケルの子どもたちは好きにやっていて、全く大丈夫じゃなくて驚いたの。そこで、この家にまた秩序をもたらさなきゃという使命と、マイケルが失ってしまった童心を取り戻させようと決めたんです。

メリー・ポピンズ リターンズ エミリー ブラント インタビュー (撮影:堤博之)

―― 「メリー・ポピンズ」の代名詞である空から現れるシーンや、アニメと実写が合成されるシーンなど、前回から踏襲し、さらに現在の技術だからこそできる表現力にあふれたシーンがありました。あなたが一番好きなシーンを撮影時の裏話も含めて教えてください。

エミリー バスタブのシーンはとても楽しかったです。あのシーン、実際には泡だけで水は入っていなくて、バスタブには穴が空いていて、すべり台のように下に滑っていけるようになっていて。だから、子どもたちはあのシーンの撮影中、大興奮だったの!

 でも、監督から「エミリーは背中向きで入ってね」と言われて、頭を打ったらどうしようと思って、最初のテイクはスタントウーマンにお願いしたのですが、見ていたら楽しそうで、最終的には自分で演じることにしたんです。

 このシーンを気に入っているもう一つの理由は、それまで子どもたちに厳しく接していたメリー・ポピンズが、初めて喜びをあふれるような顔を見せたから。そのときの彼女の表情は、私自身とっても印象的でした。

メリー・ポピンズ リターンズ エミリー ブラント インタビュー

―― とはいえ、基本的には、メリー・ポピンズは感情に流されない人物だと思っています。でも、今回も旅立つシーンがあり、そのときはとても絶妙な、寂しそうだけれども、一見すると分からないような感情を表現しているように感じました。そのときの思い出はありますか?

エミリー 私自身、感情に抑制を効かせた演技がとても好きです。もともと、彼女は去らなくてはならない前提があるから、人間関係に距離を置くようにしている。でも、彼女は家族が大好きだから、本当はとってもつらい。あなたが感じたように、彼女のそうした繊細な感情が伝えられたのならすごくうれしいです。でも、彼女が去るシーンは、見ている方もすごくつらいと思う。そうしたチャーミングでミステリアスな雰囲気が、彼女の魅力なんですけどね。

メリー・ポピンズ リターンズ エミリー ブラント インタビュー

―― メリーを表現する上で、歌ったり踊ったり、自転車に乗ったり、空を飛んだりしていましたが、一番大変だったシーンは?

エミリー ダンスね。ダンス自体の経験はありましたけど、ハリウッド的な大がかりなダンスは初めてだったので。初日に監督から帽子とつえを渡されて、最初のシーンのリハーサルを9週間ずっとやっていたのは大変でした(笑)。でも、それも俳優の楽しみだと思うから、すごくいい経験でした。

―― 共演した他の俳優についてもお聞かせください。さまざまな名優が出演していますが、とりわけ前作にも出演しているドース・ジュニア役のディック・ヴァン・ダイクは93歳とは思えない軽やかな演技でした。現場ではどうだったのでしょうか。

エミリー 彼は本当にマジカルな……まるでユニコーンのような奇跡の存在でした。生命力とユーモアにあふれていて、それでいてすごくシャープ。デスクに飛び乗ってタップダンスをするシーンでは、私と、ジャック役のリン=マニュエル・ミランダが手伝おうとしたのに、彼はそれを必要とせずに、いきなり自分で机に飛び乗って。あまりにも軽やかだったから、一瞬「幻かな?」と思ったくらい(笑)。でも、そのくらい特別な役者である彼と時間を分かち合えたのはとてもいい時間でした。

―― 原作小説はシリーズとして8冊出ていますが、今後またエミリーのメリー・ポピンズが子どもたち、そして大人たちのもとへ来てくれることはあるのでしょうか。

エミリー もちろんまた演じたいし、私もまた彼女に会いたいと思っています。クランクアップ後、もう彼女を演じられないことがずっと悲しくて仕方なくて。皆さんが今回のマイケルのように童心を忘れてしまったら、また会いに来たいと思います。

―― いつかまたメリー・ポピンズが空から降りてきてくれるのを楽しみに生きます!

メリー・ポピンズ リターンズ エミリー ブラント インタビュー

(C)2019 Disney. All Rights Reserved.



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.