コラム
» 2019年02月04日 11時30分 公開

「大人になる→改名」「出世する→改名」「出家→改名」 昔の人はどうしてコロコロ名前を変えたのか

現代では改名なんて大変なのに。

[QuizKnock,ねとらぼ]

 昔の人について調べていると、1人の人にさまざまな名前がついていることがあります。

 例えば、辞書で「豊臣秀吉」を引くとこう書かれています。


とよとみ‐ひでよし【豊臣秀吉】

[1536〜1598]安土桃山時代の武将。尾張の人。幼名、日吉丸。初名、木下藤吉郎。織田信長に仕え、戦功をたて、羽柴秀吉と名のった。信長の死後、明智光秀・柴田勝家を討ち、ついで四国・九州・関東・奥州を平定して天下を統一。この間、天正13年(1585)関白、翌年太政大臣となり、豊臣を賜姓。また、検地・刀狩りなどを行い、兵農分離を促進した。のち、明国征服を志して朝鮮に出兵したが、戦局半ばで病没。茶の湯などの活動も盛んで桃山文化を開花させた。豊太閤

(出典:デジタル大辞泉)


 豊臣秀吉という1人の人物で、少なくとも「日吉丸」「木下藤吉郎」「羽柴秀吉」「豊臣秀吉」「豊太閤」の5通りの呼び方があったことが確認できます。


名前をつけるさまざまな理由

 現在の私たちの名前は、その人個人を他と区別する役割が強くなっています。しかし、昔の人の名前は、「その人がどんな地位にあるか」といった、類型を表す側面が強かったとされています。

 名前が所属や地位を表すということは、所属する勢力や年齢に伴う地位が変われば、名前も変わったということです。豊臣秀吉が何度も名前を変えているのも、そうした所属や地位が変わったこと、あるいは「さらに上の地位にふさわしくありたい」という願望を示していると考えられます。

 では、具体的にどんなときに名前がついたり、変わったりするのか、代表的なものを見ていきましょう。



幼少期:「幼名」

 私たちは生まれたときについた名前が一生の本名になります。

 しかし、昔の人が生まれてから最初につけられた「幼名」は、「幼い」「成人していない」ということを表すものでしたから、成人するまでだけの名前でした。

 幼名には、動植物の名前や縁起の良い言葉を使い、代々同じ幼名を使うなど、幼名と分かりやすいような付け方が多かったようです。源義経の「牛若丸」、徳川家康の「竹千代」などが有名ですが、「竹千代」はほかの徳川将軍の幼名にも使われています。

 なお、豊臣秀吉の幼名「日吉丸」は、後世になっての創作という説も濃く、本当の幼名は明らかではありません。また、著しく地位の低い下層民などで、成人しても幼名を使い続けた例があります。このように、名前自体だけでなくその変遷の仕方も、家柄や地域、時代、性別によってさまざまです。


成人期:「仮名」「諱」

 成人することを、昔は「元服」と言っていました。元服の年齢も時代や地域によって異なりますが、12歳〜16歳程度とされています。


男子の元服の儀式は、被せられた帽子から「烏帽子成り(えぼしなり)」などとも呼ばれます

 元服したときには、成人の名前として「仮名(けみょう/普段呼ぶときの名前)」と「(いみな/本名)」が与えられました。諱は「忌み名」ともいわれ、口に出すことがはばかられていました。朝廷やほかの大名とやりとりするような堅い文書には諱を書きましたが、それ以外は仮名を用いることが多かったようです。

 仮名・諱の有名な例では、真田幸村の「真田源次郎信繁」があります。「源次郎」が仮名、「信繁」が諱です。大河ドラマ『真田丸』でも、堺雅人さん演じる幸村は、家族から「源次郎」と呼ばれていたはずです。

 なお、豊臣秀吉の「木下藤吉郎秀吉」は、「藤吉郎」が仮名、「秀吉」が諱ということになりますが、名字の「木下」の由来や、いつごろから「秀吉」と名乗っていたのかは諸説あります。


仏門に入る:「戒名」「法名」

 昔は、歳をとると多くの人が出家しました。出家しなかった人も、いずれ亡くなれば、多くは仏教式で葬られました。こうしたときにつけられたのが「法名」「戒名」です。出家したとき、亡くなったときの名前のうち、どちらを「法名」、どちらを「戒名」と呼ぶかは、宗派や時代によって異なります。

 戒名は、漢字2文字と決まっています。しかし、戦国時代ごろには「○○院△△××居士」などと組み合わせた長いものをまとめて「戒名」とする形式が広まっていました。秀吉の戒名は「俊龍」もしくは「国泰祐松院殿霊山俊龍大居士」です。


その他:地位にふさわしい名を

 こうした人生の階段の境目で名前を変えるほかに、秀吉のように「地位の高さにふさわしい名前に改名する」ことがありました。

 「羽柴」に名字を改めたのは、戦功を重ねて、織田信長の家臣としての地位がかなり上がったタイミングだったとされています。また、天皇から「豊臣」の姓を受けるまでには、「平」や「藤原」といった大貴族にあやかった名字も使っていたとされています。


秀吉は、ほかの多くの武将と異なり、低い身分の出身だったとされます。ひょっとすると、そうしたコンプレックスが度重なる改名につながったのかもしれません

 また、元服の節で「諱を口に出すことははばかられていた」と書きましたが、関連するならわしとして、「その人が朝廷などから受けた称号や官職の名前で呼ぶ通称」がありました。秀吉なら、信長や朝廷から受けた称号をくっつけた「羽柴筑前守」や、関白をつとめたあとの「太閤」「豊太閤」などです。

 これらは名前ではありませんが、「忠臣蔵」に「浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)」や「吉良上野介(きらこうずけのすけ)」が出てくるように、名字と称号が合体して、いかにも改名したかのように見える例は少なくありません。


おわりに

 私たちからすると、さまざまな名前が存在することが混乱のもとにもなります。「違う人だと思っていたのが、実は同一人物」という例も、古い時代を研究すると出てくるようです。

 しかしこうして見てみると、当時の人からすれば、名前とは世の中との関係を表現する重要なもので、“現代人には分かりにくい分かりやすさ”があったのかもしれません。

参考文献

坂田聡(2006)『名字と名前の歴史』吉川弘文館

大藤修(2012)『日本人の姓・名字・名前 人名に刻まれた歴史』吉川弘文館


制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  2. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  3. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  4. /nl/articles/2206/27/news020.jpg 13歳の柴犬をSNSに投稿→コメントがきっかけで病気だと分かる 飼い主「インスタを始めて良かった」と感謝
  5. /nl/articles/2207/05/news163.jpg 納車から約1年の藤田ニコル、愛車700万円ベンツで親子夜ドライブ “イケメン運転姿”に反響 「かっこいいな〜」
  6. /nl/articles/2206/30/news158.jpg 家に届いた不審な代引の荷物……受け取るべきか迷っている時に、佐川急便のお兄さんがかけた「個人的な」言葉がありがたい
  7. /nl/articles/2207/05/news092.jpg 「みんなすっかりお母さん」 竹下佳江、高橋みゆき、菅山かおるら、女子バレーの“レジェンド集結ショット”に反響
  8. /nl/articles/2207/04/news075.jpg 未来人を称する「南海トラフ巨大地震」“予言”が不安広げる 気象庁「日時と場所を特定した地震予知情報はデマ」
  9. /nl/articles/2207/05/news091.jpg 「顎変形症」手術で大変身の元乃木坂46・伊藤かりん 退院報告&腫れの残る“ぷくぷく”顔を公開
  10. /nl/articles/2207/04/news166.jpg ちばてつや・赤松健らの所属する「日本漫画家協会」がインボイス制度導入反対の声明を発表 漫画家の本名が公表されるリスクにも言及

先週の総合アクセスTOP10

  1. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  2. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  3. 未来人を称する「南海トラフ巨大地震」“予言”が不安広げる 気象庁「日時と場所を特定した地震予知情報はデマ」
  4. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  5. 「こんなに絵が上手いなんて」 中川翔子、1時間で『SPY×FAMILY』アーニャを17体生み出してしまう
  6. なでなでしていたら突然スズメが豹変して……? “鳥がいかに理不尽かが良くわかる動画”に共感の声
  7. 「ハイヒール」モモコ、27歳・長男と顔出し2ショット 27年前の“お宮参り3ショット”も公開「若かったなー」
  8. 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  9. 「別れても好きな人」の歌詞通り渋谷から歩いたらどうなる?→約16キロの過酷な道程が発覚、驚きと笑いを呼ぶ
  10. 「ラーメン二郎」へ“表敬訪問”したジョージア駐日大使に話を聞いた 「次回は『ニンニク ヤサイ マシマシ、ブタ抜き、アブラ多め』を頼みたい」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」