ニュース
» 2019年02月08日 13時05分 公開

Apple、FaceTimeで音声・映像が相手に勝手に送られてしまう不具合を修正

やっと修正されました。

[ねとらぼ]

 Appleは2月8日(日本時間)、FaceTimeで受信者側が応答していないにもかかわらず、音声や映像が相手に送られてしまう不具合を修正したファームウェア「iOS 12.1.4」をリリースしました。


FaceTimeのバグ修正 「iOS 12.1.4」配信中

 バグは発信側がFaceTimeのグループ通話を特定の手順で行うと発生するもの。14歳の少年が発見し、1月29日からはFaceTimeのグループ通話機能が停止されていました。現在はアップデートをすることでグループ通話を利用可能。



 米The Vergeによると、Appleは少年に報奨金を支払う予定とのことです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう