ニュース
» 2019年02月13日 15時42分 公開

はぁぁ何て美しいんだぁぁ…… 流麗ブルーの激レア限定車「4Cスパイダー・イタリア」を披露 (1/2)

これはかっこよすぎ。北米市場向けモデルも15台限定の激レア車。

[agar,ねとらぼ]

 フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)傘下のアルファ ロメオは、シカゴオートショー2019でスポーツカー「4C」の限定車「4Cスパイダー・イタリア」を披露しました。

4Cスパイダー・イタリア 4Cスパイダー・イタリア(写真:FCA、以下同)

 4Cは2013年にデビューした2シータースポーツカー。240馬力を発生する1.7リッター直列4気筒ターボエンジンをミッドに搭載し、フルカーボンのモノコックボディーによって乾燥重量を895キロに抑えたスペシャルな仕様を特徴とします。特別限定車の4Cスパイダー・イタリアは、より目立つタルガトップオープン仕様の「4Cスパイダー」をベースとし、2018年3月にスイス・ジュネーブショーで初公開されました。

専用色「ミザーノブルーメタリック」が新鮮 専用色「ミザーノブルーメタリック」が新鮮

 アルファ ロメオ、とりわけイタリアのスポーツカーはあざやかな赤色(ロッソ)、あるいは黄色(ジャッロ)を思い浮かべる人が多いかもしれません。実際、4Cの標準モデルにも赤ワインのような深みのある赤色の「アルファ レッド」やメタリックの「コンペティツィオーネレッド」、まぶしい黄色の「プロトタイプイエロー」が用意されています。

 その一方で限定モデルの4Cスパイダー・イタリアは、標準モデルにはない「ミザーノブルーメタリック」という、“ホリが深く”、うねりのある4Cならではのボディーラインが一層引き立つブルーの特別色を採用しました。赤や黄色もいいですが、ブルーは本当にうっとりするほどに美しいですね。

 ちなみに今回の北米市場向けモデルはわずか15台限定。日本でも2018年11月に受注を開始しましたが、同じく15台限定で、価格は1110万円(税込)でした。全世界で108台を生産する計画だそうです。世界的にごく少数しか生産されていない“特別ブルーの4C”、もし見かけたならば、とてもラッキーな1日になりそうです。

4Cスパイダー・イタリア:内装 4Cスパイダー・イタリア:内装
4Cスパイダー・イタリア:内装 アルファ ロメオ4Cのラインアップと価格
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.