ニュース
» 2019年02月18日 18時00分 公開

シンカンセンスゴイカタイアイスも対象 JR東日本、駅弁など車内販売の見直しを発表 北海道や九州でも

ビールとおつまみは残る。【訂正】

[haruYasy.,ねとらぼ]

 JR東日本とJR北海道は2019年2月18日、弁当や飲料などの車内販売サービスを見直すと発表しました。“シンカンセンスゴイカタイアイス”として知られているスジャータ「スーパープレミアムアイスクリーム」なども含まれます。

シンカンセンスゴイカタイアイス 車内販売 終了 JR東日本 JR北海道 JR九州 駅弁 「シンカンセンスゴイカタイアイス」として知られているスジャータ「スーパープレミアムアイスクリーム」(撮影:agar)

 車内販売サービスの終了が決定しているのは、新青森から新函館北斗間を走る「はやぶさ」「はやて」のほか、「やまびこ」「こまち(盛岡から秋田間)」の新幹線、「踊り子」「日光」「きぬがわ」「スペーシアきぬがわ」「草津」「いなほ」の在来線特急となっており、3月15日が最終日となります。

シンカンセンスゴイカタイアイス 車内販売 終了 JR東日本 JR北海道 JR九州 駅弁 駅弁も車内で買えなくなる

 3月16日以降も一部で路線・区間で車内販売サービスは継続されますが、商品ラインアップは大きく縮小されるところもでています。

 見直しとなるのは東京から新青森間の「はやぶさ」「はやて」のほか、「つばさ」「こまち(東京から盛岡間)」「とき」の新幹線、「あずさ」「かいじ」「ひたち」「スーパービュー踊り子」「いなほ(新潟から酒田間)」の在来線特急。

【修正:2019年2月19日10時10分 記事初出時、全路線で車内販売が終了するような表現がありました。見直しとなる路線を明記しました】

 お弁当や軽食、デザート、お土産、雑貨は販売終了になり、ホットコーヒーやソフトドリンク、アルコール、菓子、つまみは販売が継続される見通しです。

 JR九州の新幹線でも同様に車内販売サービスの終了が発表されており、博多から鹿児島中央間を走る「みずほ」「さくら」も3月15日をもって終了するとしています。

【修正:2019年2月18日20時00分 記事初出時、「ゆふいんの森」「はやとの風」も車内販売を終了するような表現がありましたが、誤っていたためお詫びして訂正いたします】

シンカンセンスゴイカタイアイス 車内販売 終了 JR東日本 JR北海道 JR九州 駅弁 JR東日本の発表(画像はJR東日本より)
シンカンセンスゴイカタイアイス 車内販売 終了 JR東日本 JR北海道 JR九州 駅弁 JR九州の発表(画像はJR九州より)

 JRグループでは、今回の車内販売サービスの終了は経費削減とダイヤ改正によるものとしており、管理するJR各社によって継続される路線もあるようです。

 この一件を受けて、JR北海道・長万部駅で70年以上にわたって販売されてきた人気駅弁「かにめし」が、2月末で車内販売を終了すると発表しています。かにめしについて製造元である「かにめし本舗かなや」は店頭販売のみで営業を続けていくとしています。

春山優花里@haruYasy.

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.