ニュース
» 2019年02月22日 16時30分 公開

年間1万匹を超える負傷ネコを減らそう 猫の日(2月22日)に「全国交通にゃん全運転」キャンペーン、イエローハットが実施

日本語と猫語に対応したスペシャルムービーも。

[だい,ねとらぼ]

 2月22日の「猫の日」にあわせて、猫の安全を守ろうと呼びかける「全国交通にゃん全運動」キャンペーンを、カー用品を販売する「イエローハット」が実施。世界初となる猫語を使った「猫専用交通安全動画」を制作し、YouTubeで公開しています。

全国交通にゃん全運動 イエローハット 「全国交通にゃん全運動」をイエローハットが実施
全国交通にゃん全運動 イエローハット 教官猫が生徒猫ににゃんにゃんと解説する動画も公開

 2018年にフォトSNS「Instagram」のハッシュタグ人気ランキング第1位に「#猫/#ねこ」が選ばれるなど、多くの人々に愛されているネコ様ですが、環境省によると2017年度は1万1884頭もの負傷した猫が保護・収容されており、犬の816頭を桁違いに上回っています。(出典:環境省「犬・猫の引取り及び負傷動物の収容状況」より)

 そんな状況を少しでも改善したいと、イエローハットが実施するのが「全国交通にゃん全運動」キャンペーン。“事故に遭いやすい猫でさえも安全に暮らせるクルマ社会”を理想として、「なぜ事故などで負傷するネコが多いのか」を猫の習性や目の特性などをふまえて解説しつつ、交通安全を訴えかける映像を公開しています。

にゃんこ満載の猫専用交通安全動画
全国交通にゃん全運動 イエローハット 猫は獲物を追わずにはいられない
全国交通にゃん全運動 イエローハット 猫はひなたぼっこがやめられない

 映像制作には京都大学の藤田和生教授(文学研究科心理学研究室)と、同大学の動物心理学研究チーム「CAMP-NYAN」が監修として参加。「獲物を追いかけて車道へ飛び出してしまう」「自動車の交通量が増える夕暮れ時ほどテンションがアガる」「自動車が発する大きな音や光で恐怖を感じて動けなくなる」など、真面目な解説をコミカルな雰囲気で演出しています。

全国交通にゃん全運動 イエローハット 猫は夕暮れ時に狩猟本能が目を覚ます

 さらに、猫向けに用意された「ネコ語ver.(字幕無し)」も用意されており、人間には聞こえない可聴領域(60Hz〜100kHz)を活用したサイン波効果音や、カラスの鳴き声や鳥のさえずり、ネズミの鳴き声、様々な感情が込められた複数パターンの猫の鳴き声を入れるなど、人間だけでなく、猫の興味を引く仕掛けも施されています。一体どんな反応を示すのか……ネコ様に見せてみたいですね。

ネコ語が分かる上級者向け動画

 全国交通にゃん全運動は2月22日から25日までの4日間に渡って実施され、イエローハットのマスコットキャラクター「ハットにゃん」がデザインされた交通安全ステッカーの配布も行われます。

全国交通にゃん全運動 イエローハット ハットにゃん プラカップ

 ステッカーの配布はイエローハット各店で先着30人にプレゼントとなっており、期間中に商品購入時にSDカード提示で「ハットにゃん プラカップ」などのプレゼントキャンペーンも行われます。

だい

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/21/news140.jpg 「早よ来い。ボケ」 知らない人から暴言メールが来たと思ったら…… ダブりの先輩から告白される漫画がシュールなハイスピードラブストーリー

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙