ニュース
» 2019年02月28日 12時00分 公開

このど派手「緑」スゲー! ランボルギーニ・ウラカンにオープンの激烈版「EVO スパイダー」爆誕 (1/2)

クーペに続いてスパイダーも“EVO”に。時速325キロ出ちゃうオープンカー。

[agar,ねとらぼ]

 イタリアの高級車メーカー、アウトモビリ・ランボルギーニ(以下、ランボルギーニ)は2月26日(現地時間)、2019年3月にスイスで開催されるジュネーブモーターショーでオープンスーパースポーツの新型車「ウラカンEVO スパイダー」を初公開すると告知しました。

ウラカンEVO スパイダー ウラカンEVO スパイダー(写真:アウトモビリ・ランボルギーニ、以下同)

 ウラカンは、ランボルギーニ史上最多の台数を生産した傑作車「ガヤルド」の後継として2014年に登場したV10エンジン搭載の主力シリーズ。“ベビーランボ”と呼ばれますが、あくまでそれは上にV12エンジン搭載のモデルがあるランボルギーニの中での話です。うなりを上げる5.2リッターNAのV10エンジンと猛牛が突進してくるかのように低く構えたボディーデザインが堂々たる存在感を放つ魅惑のクルマです。基本のクローズドクーペの他、オープン仕様の「スパイダー」、サーキット専用の「スーパートロフェオ」(関連記事)、変わり種ではパトカー仕様の「ポリツィア・ストラダーレ」などの派生モデルがあります。

電動油圧式のソフトトップは約17秒で開く 電動油圧式のソフトトップは約17秒で開く

 続いて、さらに過激な性能となったマイナーチェンジ版が「ウラカンEVO」(関連記事)。2019年1月に発表されたクーペに続き、スパイダーも同様に進化しました。

 まずボディーのあざやかなグリーンにハッと引き込まれてしまいます。「Verde Selvans」と名付けられたウラカン EVOスパイダーのテーマカラーです。オープントップルーフは従来モデルと同様に、約17秒で低速時ならば走行中も開閉できる電動油圧式。フィン間に組み込んだダクト機構によって、オープントップ走行時の風の巻き込みを最小限に抑えるように工夫しています。

 空力性能を追求したボディーは初期モデルの5倍という強力なダウンフォースを得られます。エンジンは、ウラカンシリーズの最速モデル「ペルフォルマンテ」と同じ、5.2リッターの自然吸気V10で最大出力640馬力、最大トルク約61.18kgf-m(600Nm)を発生。より過激になりました。

ウラカンEVO スパイダー:内装 内装。8.4インチ画面でApple CarPlayなどに対応するインフォテインメントシステムを新たに搭載

 日本での価格は3282万7602円(税別)からとなります。

ランボルギーニ ウラカン ペルフォルマンテ スパイダー (参考)ウラカン ペルフォルマンテ スパイダー(3842万2614円から)
ランボルギーニ ウラカン ペルフォルマンテ スパイダー (参考)ウラカン ペルフォルマンテ スパイダー:リア
ランボルギーニ ウラカン ペルフォルマンテ スパイダー (参考)ウラカン ペルフォルマンテ スパイダー車内の様子
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.