ニュース
» 2019年03月06日 19時30分 公開

日本初のムーミンのテーマパークがいよいよオープン! 「ムーミンバレーパーク」行ってきたレポ (1/2)

ムーミン初心者でも楽しめる、リスペクトいっぱいのテーマパーク。

[水田眞子,ねとらぼ]

 3月16日に埼玉県飯能市にオープンする、ムーミンのテーマパーク「ムーミンバレーパーク」。湖を中心とした自然あふれるパークを、テーマパーク好きのライターが一足先に体験してきました。

ムーミンと仲間たち ムーミンと仲間たち。ムーミンはふわふわでした

 ムーミンバレーパークは、宮沢湖にできた北欧をテーマにした施設「メッツァ」の中に誕生した、日本初のムーミンのテーマパーク。ムーミンは、フィンランドの作家トーベ・ヤンソンが生み出したキャラクターで、日本でもアニメが放映されるなど広く親しまれています。ムーミンバレーパークでは、原作に登場する建物を再現するほか、展示施設でトーベ・ヤンソンの作品にふれることができます。

いざムーミンバレーパークへ

入り口 大きな本がかわいい。記念撮影にぴったり
パンケーキ 入り口にあるパンケーキレストランは、電源もありオススメです

 メッツァビレッジを抜けて湖をぐるっと回っていくと、大きなムーミンの本がならぶムーミンバレーパークの入り口が見えてきます。レストランやショップのあるにぎやかな入り口を抜けると、しばらくは何もないまっすぐな道が続きます。ムーミンパパが作った水浴び小屋を見ながら進んでいると、メインエリア「ムーミン谷」に到着です。

エンマの劇場 「エンマの劇場」。ここでショーが行われます
ムーミンとスニフ ムーミン(CV:戸松遥)とスニフ(CV:福山潤)。ふしぎな帽子を見つけます
スナフキン スナフキン(CV:櫻井孝宏)。声優陣、豪華です

 ムーミン谷で、まず目に入るのは赤いカーテンがかわいい「エンマの劇場」。ここでは、ムーミンたちのショーが行われます。ショーのお話は原作の「たのしいムーミン一家」を下敷きにしたもので、上演時間は30分ほど。

 ちなみに、ムーミンバレーパークには、湖の上を滑空するアトラクション「飛行おにのジップラインアドベンチャー」など、「たのしいムーミン一家」に登場するキャラクターが多く登場します。ムーミン初心者は、事前にこちらを読んでおくとより楽しめそうです。

 このショーをはじめ、ムーミンバレーパークでは、ムーミン役に戸松遥さん、スナフキン役に櫻井孝宏さんなど、豪華なメンバーが声優を務めていることでも話題となっています。

コケムス展示1 絵本をそのまま大きくしたような展示も
コケムス展示2 精巧なムーミン谷のジオラマ
モラン 少し怖い見た目のキャラクター・モラン。手前のランプをつけると……?

 メインの展示施設「コケムス」は、ムーミンバレーパークの入場料だけで入ることができる施設。ここには、ムーミンファンにはたまらないミュージアムや、限定グッズもそろうショップ、ワークショップやレストランが並びます。

 ミュージアムは、体験型の展示やフォトスポットなど感覚的に楽しめる展示と、原作者トーベ・ヤンソンのアーティストとしての姿が分かる貴重な展示が織り交ぜられており、ムーミンをよく知らない人から原作ファンまでたのしめる作りになっています。

うみうま 筆者作のうみうま。屋外で撮影してみました

 コケムス内のワークショップ「パヤ」では、ムーミンが憧れた花模様がうつくしい生き物・うみうま(はなうま)の絵付けが体験できます。ムーミンバレーパークには、自然をはじめ、写真に収めたくなるスポットがたくさんあるので、オリジナルのうみうまを持って歩いてみるのもたのしそうです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.