ニュース
» 2019年03月08日 17時09分 公開

味のあるフォントもそのまま 国鉄時代の真っ白な「冷蔵コンテナ」を再現した保冷バッグ発売決定

累計4000枚販売した国鉄コンテナバッグ第2弾。

[だい,ねとらぼ]

 鉄道模型の専門店「ポポンデッタ」から、貨物列車が運ぶコンテナをモチーフにした保冷バッグ「国鉄冷蔵コンテナバッグ(保冷)」が発売されます。

ポポンデッタ 国鉄冷蔵コンテナバッグ 「戸口から戸口へ」の文字が入った懐かしさあふれるデザイン

 国鉄冷蔵コンテナバッグ(保冷)は、2018年に発売された国鉄コンテナバッグに続くシリーズ第2弾。第1弾の緑色と対照的な真っ白な冷蔵コンテナのデザインが再現されています。

 バッグに書かれている「戸口から戸口へ」は、かつて国鉄が使用していた貨物コンテナと同じフォントと意匠で仕上げています。また、肩紐の色は国鉄時代に冷蔵コンテナと一緒に運用されることの多かった貨車「コキ10000」をイメージした紺色に近いブルーが使われているなど、こだわりの深いアイテムとなっています。

ポポンデッタ 国鉄冷蔵コンテナバッグ 保冷・保温機能付き

 モチーフとなったコンテナが「冷蔵」であることにちなんで、バッグも保冷(保温)機能付きとなっています。

 大きさは幅33センチ、高さ24センチ、奥行21センチ、持ち手の長さは33センチ。元々は鉄道模型を運搬するために設計されていただけあって、容量はたっぷり。

 A4サイズのファイルや書類のほか、1.5リットルのドリンクやお弁当なども余裕を持って詰め込めるので、さまざまなシーンで活躍してくれそうです。

 「国鉄冷蔵コンテナバッグ(保冷)」は2019年3月13日からポポンデッタ全店のほか、GENERAL STORE RAILYARD 大宮やAmazonなどで販売開始。価格は3000円(税抜)です。

ポポンデッタ 国鉄冷蔵コンテナバッグ 鉄道模型の運搬用として設計されたので大容量!

だい

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.