ニュース
» 2019年03月11日 19時05分 公開

「大切なものを大切にできる大人になりたい」 NGT48研究生の羽切瑠菜、活動自粛が明けないまま“辞退”へ

山口真帆さんが被害を受けた暴行事件が調査中となっている同グループ。

[久郷遥,ねとらぼ]

 アイドルグループ「NGT48」は3月10日、約3カ月に渡って活動を自粛していた研究生の羽切瑠菜さんが“活動辞退”したことをオフィシャルサイトで報告。即日での活動終了にネットでは不満の声が続出しています。

NGT48 羽切瑠菜 活動自粛 辞退 アイドル 山口真帆 同グループの菅原りこさん(右)と笑顔を浮かべる羽切さん(左)(画像は菅原りこInstagramから)

 2018年4月に行われた「NGT48第二期生オーディション」に合格し、6月の劇場公演で第2期生としてお披露目された羽切さん。しかし、それから約半年後の12月26日、同グループのオフィシャルブログで「活動のルールに反する行動が認められた為、保護者の方に報告の上で、この度の活動自粛の措置を取るに至りました」と発表しました。その後、活動再開のめどが立たないままでしたが、羽切さんからの申し入れによる活動辞退に至ったと説明しています。

 公式から出された活動辞退の報告に羽切さんはコメントを寄せており、「みなさんをお待たせしてしまった上に、このような発表になってしまい、とても申し訳なく思っています」と謝罪。ずっと憧れていたアイドル活動ができたことに「とてもとても幸せな特別な時間でした」とつづり、アイドルとしてさまざまなことを経験したかったと後悔をにじませつつも、「これから先の自分の将来を考え、別の道を歩む決断をしました」「大切なものを大切にできる大人になりたい」とつづりました。

NGT48 羽切瑠菜 活動自粛 辞退 アイドル 山口真帆 NGT48オフィシャルサイトで発表された羽切さんの活動辞退(画像はNGT48オフィシャルサイトから)

 NGT48は、2018年12月にメンバーの山口真帆さんがファンを名乗る男性2人から暴行被害を受けたことを公表して以降、運営体制などを巡って大きく揺れており、グループの今後の活動も懸念される状況に。支配人の交代などをへて、2019年2月には暴行被害騒動について第三者委員会を設置したことを発表。その結果の公開が待たれています(関連記事)。

 グループやその運営体制にファンの不信も募る中、3月6日には元AKB総支配人の戸賀崎智信さんがTwitterに前NGT48劇場支配人の今村悦朗さんとAKB48劇場支配人の細井孝宏さんとみられる人物との酒宴の様子をアップし、「(NGT48の山口真帆さんについては)大丈夫。今村さんが近いうちにちゃんと、報告するよ。きっとね」とツイート。これに運営会社のAKSは、「立場ある人間が不適切な行動をしてしまった」として、今村さんとの契約を解除、細井さんを退任させたことをオフィシャルサイトで報告しました(関連記事)。

NGT48 羽切瑠菜 活動自粛 辞退 アイドル 山口真帆 中段右から4番目が羽切さん。このライブの2日後から活動自粛に(画像はNGT48公式Instagramから)

 そんな中発表された羽切さんの活動辞退。ファンからは、「短い間だったけど、ありがとう」「これからは笑顔でるんちゃんらしく幸せになって欲しい」など応援する声の他、「活動自粛の理由も明かさず、そのまま辞退なんて、タイミング的に、事件の事を闇に葬り去ろうとする魂胆が見え見え」「この時期にNGTの子を辞めさせるってどういう意味か分かってる?」など、結果的に活動自粛や辞退の具体的な理由が明かされていないため、山口さんの件に関連した処分なのではないかと推測する声も多数上がっています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.