ニュース
» 2019年04月02日 12時30分 公開

豪トヨタが「フルオープン」のハイエースを発売 うぉぉかっけぇぇハイエース最強! って何だアレかよ……(1/2 ページ)

ホントに出しましょうよ。

[ねとらぼ]

 トヨタオーストラリアが4月1日、フルオープン仕様のハイエース限定モデル「パイエース(PieAce)」をオーストラリア市場で限定販売すると発表しました。

photo トヨタオーストラリアによるフルオープンハイエース「パイエース」

 パイエースはハイエース15年ぶりとなる同国市場投入を記念し、先日モデルチェンジしたセミボンネット仕様の「新型ハイエースバン」(関連記事)をベースに、ルーフをごっそり取っ払い、ソフトトップ付きのフルオープン仕様に仕立てた特別エディション。2座仕様のロングホイールベース構成から、最大12人乗車可能な通勤バスコミューター構成にこのソフトトップオープンのオプションを用意します。

 さらに後部テールゲートの下に高火力の「パイオーブン」を内蔵します。パイをその場で焼けます。4つの調理ラックも備えます。

photo パイエース:屋根をばっさりとカット。潔くてカッコイイ!
photo そして、「パイオーブン」を備える

 「一日中外出することが多い商人や宅配業スタッフが、ボリュームのある焼きたてミートパイで活気を養える。もちろん、ステアリングホイールのボタンでオーブンの温度を調整できるし、食べる準備ができたら知らせるアラームもあるので安心だ。クルマを停止してテールゲートを開けば格納式オーブンへ簡単にアクセスできるぞ」と同社担当者は述べています。

photo チーン
photo ミートパイができた

 パイエースの価格は2019年5月発表予定の新型ハイエースの発表とともに告知する予定……だそうです。エイプリルフールねたですけれど。



 何というか、ひと昔前のクルマ雑誌投稿欄でよく見かけた自作オープンな改造車のような「潔いぶった切り感」がイイですよね。

 近年は大型のSUVをオープン仕様にした、何となく似たカタチと感じた「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク コンバーチブル」は、これまでなかったスタイルとして富裕層に人気です。エイプリルフールといわずにホントに出したら面白いのに。

photo (参考)ランドローバー・レンジローバー イヴォーク コンバーチブル


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む