ニュース
» 2019年04月09日 20時00分 公開

「運命の人」だったはずの女性はもう誰かの妻 幼なじみだった男の選択を描いた漫画が潔くも切ない

好きなら好きって言わなきゃダメッ!

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「運命の人」をテーマに恋愛模様を描く漫画が切なすぎます。幼少期に知り合った2人は、両思いだったはずなのですが……。


アイキャッチ 主人公の落胆ぶりにハートがキュッとなる

 主人公の土田秀は小学校3年生のとき、転校先で席が隣になった女の子、小川るいと仲良しになりました。授業や給食などの班行動も、ことあるごとに一緒。同じ中学に進み、家族ぐるみの付き合いを続け、秀はるいを運命の人だと感じていました。


1P

2P

3P

 ともに成長してきた2人は、中学卒業後に別々の進路へ。地元を離れ専修学校に進んだ秀を、るいが手紙で元気づけたり、やがて地元で就職したるいの職場に秀が顔を出したり、親交は続きます。


4P

 何年かが経ち、就職を決めた秀の下に、驚きの知らせが届きました。るいが職場で会った男性と結婚し、幸せそうな写真を送ってきたのです。「運命の人だと思っていたのは、“誰かの”運命の人だった!!」と落胆し、彼はすっかりまいってしまいました。


5P

6P

 さらに月日が流れ、秀のもとには同窓会の誘いが。おそるおそる顔を出した居酒屋には、昔よりずっときれいになった、るいの姿がありました。


7P

8P

 「誰と誰が別れた」「当時あの子が好きだった」などと皆がぶっちゃけて盛り上がるなか、1次会は閉会。2次会との合間に、るいと秀は2人きりになりました。帰りのタクシーを探す間、彼女は「私、結婚するまで、ずっと秀が運命の人だと思ってた」と、急に打ち明けます。


9P

10P

 秀も「オレもだ」と応えますが、それ以上話が発展することはなく、るいはタクシーに乗って去っていきました。「運命を信じて疑わなかった僕らは、安心しすぎた。何もしなかった」と、秀のつぶやきがただただ空しく残ります。


11P

 その後2人が、連絡をとり合うことはありませんでした。「うっかり運命が動き出さないように、しっかり運命に見捨てられるように」――。秀が残した言葉が、古い恋を潔く諦める決意を示唆して、漫画は幕を閉じます。


12P

 作者は「鯖とコーヒー」(関連記事)でも男女の機微を描いて見せた、漫画家の奥香織(@okukaori1124)さん。事故物件に住むお笑い芸人、松原タニシさんの体験を漫画化した『ゼロから始める事故物件生活』を、「やわらかスピリッツ」で連載中です。



作品提供:奥香織(@okukaori1124)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.