ニュース
» 2019年04月09日 10時29分 公開

政府、新しいお札のイメージ公開 新1万円札は渋沢栄一 24年に全面刷新

最新の偽造防止技術とユニバーサルデザインを取り入れています。

[ねとらぼ]

 政府は4月9日、1万円、5000円、1000円の紙幣(日本銀行券)を2024年度上半期をめどに刷新すると発表し、イメージを公開しました。新1万円札には「日本の資本主義の父」と呼ばれる渋沢栄一を採用しています。最新の偽造防止対策を取り入れるほか、ユニバーサルデザインを採用しているのも特徴です。

 紙幣は、偽造を防ぐなどの理由からほぼ20年ごとに全面刷新されており、現行の紙幣は2004年に登場しています。新紙幣はそれから20年後の24年に全面刷新されることになりました。

 新1万円札の図柄には、渋沢栄一の肖像と東京駅の丸の内駅舎を採用。新5000円札は、津田塾大学の創始者で、女性教育の先駆けとなった津田梅子とフジ(藤)を、新1000円札は「近代日本医学の父」として知られる北里柴三郎と葛飾北斎「富嶽三十六景」から「神奈川沖浪裏」をそれぞれ図柄化します。

photo 政府が公表した新1万円札のイメージ(表)
photo 政府が公表した新1万円札のイメージ(裏)
photo 政府が公表した新5000円札のイメージ(表)
photo 政府が公表した新5000円札のイメージ(裏)
photo 政府が公表した新1000円札のイメージ(表)
photo 政府が公表した新1000円札のイメージ(裏)

 紙幣のサイズは現行の紙幣と同じ。新1万円札は76(縦)×160(横)ミリ、新5000円札は76(縦)×156(横)ミリ、新1000円札は76(縦)×150(横)ミリです。

 偽造防止策として、現行のすかしに加え、さらに高精細なすかしの模様を導入します。また、財務省が「肖像の3D画像が回転する最先端のホログラムで、紙幣への採用は世界初」と説明するものが導入され、1万円札と5000円札にはストライプタイプの、1000円札にはパッチタイプのホログラムが付加されます。お札の番号は現行の最大9桁を10桁に変更します。

 誰でも利用しやすいユニバーサルデザインを取り入れ、お札の種類の識別性を向上させます。指の感触で識別できるマークの形状変更とお札の種類ごとの配置変更、額面数字の大型化、ホログラムとすかしの位置をお札の種類ごとに変更──などを予定しているということです。

photo 1984年から発行の旧紙幣と2004年から発行の現行紙幣、2000年から発行の2000円札

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.