ニュース
» 2019年04月11日 17時00分 公開

手軽につけられるかんざしの専門店って知ってる? 「座市」の担当者にコンセプトや人気のデザインを聞いてみた

お店ごとに、かんざしのデザインが微妙に違ってたりするのも魅力。

[ねとらぼ]

 新宿マルイアネックスの6階のエスカレーターを降りてすぐ右手に、ズラリと並ぶ綺麗なかんざしが目を引くお店「座市(TheIchi)」があります。涼やかなとんぼ玉のかんざしや細工の細かい一本かんざし、扇形など様々な和の髪留めが陳列され、見ているだけで心が躍ります。他にも和をモチーフにしたアクセサリーや雑貨があり、どれもかわいらしく、雰囲気もいいお店です。

店舗風景 お店にはこうしたキレイなかんざしがいっぱい

座市とかんざし屋wargo

 「座市」は和モノアクセサリーを中心に扱う株式会社和心が運営する、かつて新宿マルイワンにあった「新宿かすう工房」「新宿かんざし屋wargo」が統合したお店です。ゴス服やパンクファッションを求めてマルイワンに通っていた方はご存知かもしれません。また、店舗は全国展開しており、現在では「座市」は名古屋やみなとみらい、川崎に。「かんざし屋wargo」は下北沢をはじめ、関東から沖縄まで全20店舗もあります。

 かんざし屋の全国展開というのも非常にユニークですが、そもそもどうしてかんざしを専門に扱うお店を始めたのでしょうか?

 「『日本のカルチャーを世界へ』を理念に、様々なブランドを展開している中で、かんざしという日本の伝統的なヘアアクセサリーを、現代のファッションに取り入れる形で発信していきたいという想いから始まりました」(以下、和心の担当者)

とんぼ玉 wargoといえばとんぼ玉といっても過言ではありません

どのような人がかんざしを……?

 店員さんもそうですが、お店ではかんざしをうまく洋服に合わせているお客さんが多く見受けられました。筆者が見とれてしまったのはボーイッシュなファッションに一本かんざしを2本挿ししているお客さん。とってもステキでした。どのようなお客さんが多いのでしょう?

 「店舗によっても異なりますが、20〜30代の女性で、日本の歴史や伝統がお好きな方々、コンサバなファッションよりは個性を重んじる方々に多くご購入いただいていると思っております」

 和装ファンや歴史好き、審神者にはたまらないお店だと思います。

 「専門店として、和服に合うデザインはもちろん、洋服にも気軽に付けてもらえる商品を展開しております。現代の多種多様なファッションジャンルにも合わせられるよう、1000種類近くの商品をご用意しており、全て当社のデザイナーが手がけたオリジナル商品です」

ラインアップ 豊富な種類のかんざしが並ぶ様は壮観

 かんざし自体の種類も豊富ですが、その飾りもとんぼ玉や透かし細工といった伝統的なものから、ミッキーや刀剣乱舞などアニメコラボのものまであるのが驚きです。どれも非常に凝ったデザインで、眺めていると欲しくなってしまうのですが、一本かんざしはつけるのが難しそう。

 「お客様には店舗でマネキンを使用して付け方のレクチャーを行なっておりますが、やってみると意外と簡単にかんざし1本で髪をまとめる事ができます。多くのお客様にご愛顧頂いておりますので、是非気軽にチャレンジして頂きたいです」

 付け方を教えてもらえるのは嬉しいですね! また、ギフトとして購入すると、かんざしの付け方が図示された紙をつけてもらえるので、気兼ねなく人にプレゼントもできそうです。

人気のかんざしは?

 かんざしはどのようなデザインが好まれているのでしょう?

 「とんぼ玉の簪と、アンティークシリーズが人気です。とんぼ玉の中でも、ピンクや白など、明るいお色が好まれております。髪の毛の色と同化しないので、いつものヘアスタイルにワンポイントとなるのが、人気の理由のひとつです。

 アンティークシリーズは、昔ながらの日本の工芸品や、嗜好品がモチーフに数多くあり、ご自身のアイデンティティーとなるアイテムをアクセサリーにしていることで、多くのお客様にご愛用いただいております」

 アンティークモチーフは特にユニークで、かんざしの先に顕微鏡や回転木馬がついていたり、かんざし自体を電柱やガス灯、銃などにしてしまっているオモシロデザインが魅力的です。

さくら 紅や紫、白の桜というのも面白いですね

 「春らしいアクセサリーとして、桜のシリーズはもちろんオススメです! 桜をキーワードに、様々な形態のアイテムがありますので、是非店舗スタッフにお声がけ頂き、商品一つ一つの由来や、デザイナーの想いとともにお気に入りのアイテムを探して頂きたいと思います。

 日本の四季を、是非かんざしを通してお楽しみいただきたいです。ヘアゴムなどと違って跡も残りにくく、オフィスで気合いを入れたい時、お食事の時、入浴中など、様々なシーンで活躍できますので、お気に入りの簪を日常的にご愛用頂けると幸いです!」

 筆者は新宿マルイアネックスと横浜レンガ倉庫の「座市」を利用していますが、店員さんは気さくでいて、お客さんとの距離感も大事にしてくれる親切な人ばかり。オンラインショップもありますが、お店に出向いてお気に入りのかんざしを探すのも楽しいです。

 また、着物のお得なレンタル&着付けをしてくれる姉妹店「きものレンタルwargo」もあるので、和装でかんざしを楽しみたいという方はそちらを利用するのもオススメです。着物や小物、着付けすべてがセットになったコースが用意されており、2900円からレンタルすることができます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/21/news020.jpg 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  2. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. /nl/articles/2402/21/news117.jpg えっ闇? マシン・ガン・ケリー、“スピリチュアルな目的”の新タトゥーに衝撃走る 「次のレベルに行った」「クソ気持ち悪い」と賛否
  4. /nl/articles/2402/21/news084.jpg 米セレブの18歳娘、“整形し過ぎ”指摘に強気の回答「美しいのは生まれつき」 露出増加&黒人化を心配する声も
  5. /nl/articles/2402/19/news013.jpg 【今日の計算】「1−2+3−4+5−6+7−8+9」を計算せよ
  6. /nl/articles/2402/21/news037.jpg 「雪見だいふくの天使」と話題の5歳女の子、父への“お伺い”が350万再生突破! あまりにかわいいやりとりにキュンが止まらない
  7. /nl/articles/2402/19/news025.jpg 「生後0カ月。もうクソデカい」 大型猫の赤ちゃん時代に「顔は子猫だけどサイズがすごい」「可愛いが大きすぎます」
  8. /nl/articles/2402/20/news096.jpg 「ピザハット・マルゲリータ」が1990円→590円に ピザハットが奇跡の4日間を開催
  9. /nl/articles/2402/16/news130.jpg 愛情いっぱいに育てた預かり子猫との最後の夜…… 「忘れて」と繰り返す親心に「涙止まりません」「幸せを願っての言葉」
  10. /nl/articles/2402/21/news012.jpg 大好きな兄が2階にいってすねちゃった猫、ママが励ますけれど…… 一歩踏み出せない乙女な姿が「なんでこんなにかわいいの!?」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」