ニュース
» 2019年04月18日 20時45分 公開

筋肉ムキムキの“右フック犬” 粘土細工で完全再現した結果、破壊神シヴァ犬に

圧倒的ラスボス感。

[宮原れい,ねとらぼ]

 Twitterで人気を集める「右フックを放つ犬」が粘土細工で再現され、圧倒的ラスボス感漂う迫力で話題になっています。このワンコ、向かうところ敵なしか。



右フック犬 元ネタ(飼い主はだて虚無さん)

右フック犬 柴犬 フィギュア 粘土細工 再現 立体化 めーちっさい 最強ワンコ、ここに立体化

 寡黙なヒーローといった感じの表情がかっこよく、何より遠近法によって肥大化した右腕の“圧”がすさまじいです。体のバランスから毛並みまで、2足歩行で右フックをかます姿が完全に再現されており、立体化によってムッキムキな背筋までが確認できます。イヌ界どころか、動物界で最強なんじゃないだろうか。


右フック犬 柴犬 フィギュア 粘土細工 再現 立体化 めーちっさい もはやゴリラ並、あるいはそれ以上のパワーがありそう……

 元ネタは、自分の尻尾を追いかけてクルッと回る柴犬さんで、ブレる胴体と尻尾が右腕に見えたことから、ムキムキな「右フックを放つ犬」として話題に(関連記事)。今回の粘土細工では、正面から見た際の再現度を優先させたため背筋等がアンバランスになったとのことですが、一方でガタイに似合わないかわいらしい尻尾が付いていたりと、見どころはたくさん。筋肉とのギャップが良い……。


右フック犬 柴犬 フィギュア 粘土細工 再現 立体化 めーちっさい もりもりの広背筋がヤバい

 投稿したのは、さまざまな動物のネタ画像を立体化している、めーちっさい(@meetissai)さん。以前には、勇ましい「二足歩行の猫」を立体化して話題になりました(関連記事)。そのためコメントでは、両者を“世紀の対決”と並べる声もあり、パワータイプの“右フック犬”と、テクニカルタイプの“二足歩行猫”、どちらが勝つのかという妄想がより広がる結果となっています。力か技か……いつの日かハリウッドでヒーローものとして映画化して欲しい。


右フック犬 柴犬 フィギュア 粘土細工 再現 立体化 めーちっさい 2018年6月に話題になった「二足歩行の猫」の立体化(関連記事




画像提供:めーちっさい(@meetissai)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.