ニュース
» 2019年04月25日 14時00分 公開

半世紀の歴史に幕 トヨタ、「マークX」の生産を終了 マークII&マークXってどんなクルマだったの?(1/2 ページ)

昭和〜平成の名車、かつて“ハイソカー”の「マークII三兄弟」として一世を風靡しました。【フォトギャラリー30枚】

[鈴木伊玖馬, 編集部,ねとらぼ]

 トヨタが「マークX」の生産を2019年12月で終了すると発表。最後の特別仕様車「250S “Final Edition”」と「250S Four “Final Edition”」を2019年4月24日に発売しました。

マークX マークX 250S “Final Edition”(写真:トヨタ自動車、以下同)

 マークXはトヨタの4ドアセダン型車種。国産4ドアセダンとして昨今はもう珍しいFR(フロントエンジンリアドライブ)レイアウトによる「意のままの走り」「クラウン譲りの上質な走り」などの走行特性を持つ、昭和時代から続く名車種です。

 誕生は1968年。最上位セダン「クラウン」(関連記事)とファミリーカー「コロナ」の中間としてコロナの上級グレードに位置付けた「コロナ マークII」にはじまり、1984年に「マークII」としてコロナから独立。1980年代後半〜1990年代の平成初期バブル期には“ハイソカー”の「マークII三兄弟(マークII、クレスタ、チェイサー)」として流行し、やけに速い直6ツインターボエンジンで街中をブイブイ走っていました。

マークX 初代コロナ マークII(1968年)
マークX 生産終了 “コロナ”が外れた5代目 GX71型「マークII ハードトップグランデ TWINCAM24」(1984年)
マークX ブイブイ言わせていた6代目マークII(1988年)

 2004年により高級上質路線へ軸足を移す目的で、クラウン譲りのプラットフォームで刷新し、車名を「マークX」に変更。2009年にはマークXとして2代目、マークII時代を含めると通算11代目となる現行のGRX130型が登場。4ドアFRスポーツとしての特性をガツンと強烈に体現したトヨタ純正チューニングコンプリートカー「マークX “GRMN”」(関連記事)なども販売されました。

 今回の特別仕様車250S Final Editionと250S Four Final Editionは、それぞれFRの「250S」と4WDの「250S Four」をベースに、特別カラーと特別パーツや装飾によって質感を高めた「最後の特別仕様車」です。

 気品のある深いブラック「プレシャスブラックパール」など3色の特別色を用意し、フロントバンパーモールのダークメッキパーツ、スパッタリング塗装の18インチアルミホイール(FR車)、アルカンターラ素材を用いた特別シート、レッドを配色したソフトレザードアトリム表皮などを採用し、渋くスポーティーな印象を際立たせました。

マークX 250S “Final Edition”
マークX 渋くスポーティーな雰囲気を演出する「プレシャスブラックパール」

 パワートレインは2.5リッターV型6気筒ガソリンエンジンの「4GR-FSE」。最大出力は205馬力、最大トルクは24.8kgf-m(243Nm)を実現し、マークXのモットーである「意のままの走りを最後まで実現する」としています。

 価格は250S Final Editionが333万1800円(税込、以下同)から、250S Four Final Editionが348万9480円からです。

マークX内装 Final Editionの内装
マークX 250S マークX 250S(ホワイトパールクリスタルシャイン)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響