ニュース
» 2019年05月04日 09時00分 公開

作者が武器を描けないのでバトルは手で 作者の画力不足で登場人物が苦労するギャグ漫画『作者の画力が足りない。』単行本化 (1/2)

背景が実写(写真)だったり、からあげが岩だったり……。

[ねとらぼ]

 漫画の登場人物が、作者の画力不足のせいで右往左往する異色のギャグ漫画『作者の画力が足りない。』(著者:次見やをら)の単行本が発売されました。価格は税別580円。

『作者の画力が足りない。』 『作者の画力が足りない。』

 もしも作者の画力の都合で背景や小物がまともに描かれなかったら……という事態に置かれた登場人物が奮闘する物語。主人公である神賀七三と成羽朝信が町中で出会って戦う場面から始まりますが、なぜか武器は“手”。武器が描けないのにバトル漫画が描きたい作者の苦肉の策だったのです。銃の素材を手に入れても、2D素材故に向きを変えられないという罠が……。作者が武器を描けないため、主人公たちが素手で戦う能力を身につけて画力不足をカバーするという前代未聞の設定になっていたのでした。

画力の都合で武器は「手」

 他にも2人分の部屋を考えるのがきついので同居、部屋はミニマリストかと思うほどシンプル、動物園へ行けば背景は実写(写真)、からあげは岩、ペットは作者の実家の猫の写真を加工した妙にリアルな絵……と作中でどんどんと画力不足が露呈していきます。

動物園の背景は自分で撮ってきた写真

 画力不足という自虐をネタにし、それを登場人物にツッコませるアイデアは大胆で斬新です。絵を書く人からはSNSで「心に突き刺さる」「身に覚えがありすぎる」「痛いぐらいよくわかる」など、身につまされるという感想が寄せられています。画像素材の説明やデフォルメのコツも描かれており、絵を書く際の参考にもなりそうです。

役に立ちそうな情報も

『作者の画力が足りない。』1話試し読み

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン