ニュース
» 2019年05月21日 13時12分 公開

高速道路「手放し運転」に対応 美しい上級クーペ「BMW・8シリーズ」にクリーンディーゼル搭載モデル (1/2)

自動運転レベル2の「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」、2019年夏以降に。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 ビー・エム・ダブリュー(以下、BMW)は5月20日、最上位ラグジュアリーシリーズ「8シリーズ」(関連記事)にクリーンディーゼルエンジン搭載モデルを追加すると発表。クーペの「840d xDrive」とオープンの「840d xDrive Cabriolet」、およびそれぞれにチューニングパッケージの「M Sport」を用意します。

840d xDrive BMW・840d xDrive(写真:BMW、以下略)

 BMW 8シリーズは優雅なデザインを特長とするラグジュアリークーペ。走行性能を追求した重量配分と低重心化のシャシー設計とし、低く構えたボディーと長いノーズ、立体感のある伸びやかなプレスラインによって、上級クーペとしての存在感と高い走行性能を両立する美しさを表現します。

 今回搭載されるパワートレインは最大出力320馬力(235kW)、最大トルク68kgf-mを発生する3リッターの直列6気筒クリーンディーゼルと8速スポーツAT、電子制御4輪駆動システム「xDrive」の組み合わせです。

840d xDrive BMW 840d xDrive Cabriolet
840d xDrive SAE自動運転レベル2に相当するハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能を備える

 また2019年夏以降に同社の国内モデル初とする「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」も備わります。高速道路の渋滞時を対象にドライバーの運転負荷を軽減し、安全に寄与する運転支援システムで、「ドライバーが絶えず前方に注意するとともに、周囲の道路交通や車両の状況に応じて直ちにハンドルを確実に操作することができる状態にある」ときに、ステアリングホイールから手を離した走行が可能になります。

 SAE自動運転レベルの定義では、これまでのレベル1(運転支援)から進んだ「レベル2(部分運転自動化)」に相当します。BMWは今回の8シリーズクーペの他にも、主力セダンの3シリーズ、SUVのX5シリーズなどにも順次拡充する計画です。また同等の機能は日本メーカーも順次搭載予定。日産自動車も「プロパイロット 2.0」搭載車を2019年秋にリリース予定としています。

自動運転レベルの定 参考:自動運転レベルの定義(SAE J3016)(出典:「官民ITS構想・ロードマップ2017」)

 価格は840d xDriveで1237万円(税込、以下同)から。“漆黒”の20インチ大径ホイール、強力ブレーキシステム、専用エクステリアなどで走行性能とスポーツイメージを高めた「840d xDrive M Sport」は1360万円からです。

840d xDrive BMW・8シリーズのラインアップと価格


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.