ニュース
» 2019年05月22日 15時34分 公開

「名探偵ピカチュウ」応援上映の注意事項が小粋で話題 「ライムシティの住人になりきりましょう」「プリンの歌はみんなで合唱すれば効果倍増」

もうこの時点で楽しい。

[コンタケ,ねとらぼ]

 現在公開中の映画「名探偵ピカチュウ」で、応援上映が開催されることが決定しました。公式サイトで上映について告知されているのですが、ここに書かれた「応援上映の注意事項」が抜群に素晴らしいと注目を集めています。これは見に行きたくなっちゃうやつだ。




名探偵ピカチュウ 応援上映

 注意事項の「はじめに」では、「これから、ライムシティへ向かわれる皆様へ!市民を代表して歓迎します」「皆様も是非、パートナーポケモンを連れて、映画館までお越しください」と熱烈な文章からスタート。

 「応援グッズについて」では、「『ピカチュウかわいい!』と感情が高ぶったときは黄色いペンライトを振りましょう」「ミュウツーの姿を拝むときは、紫で厳かな気持ちに」「ティムを漢にしたければ、青で応援を」「ルーシーのかわいさがスパークしたときは赤でラブコールを」と使うべき色を気持ちとともにレクチャー。最後は「なお、コダック自身は特にこだわりないと思うので、何色でも構いません」とパンチのあるオチ付き。

 「コールについて」では、「バリヤードがパントマイムで一生懸命何かを伝えようとしているときは、やさしさをもって答えを言い当ててあげましょう」「プリンの歌はみんなで合唱すれば効果倍増!」と物語の展開に合わせたコールを紹介。心構えについては、「ピカチュウもやっていたように、何事も軽い準備運動が大切です」とのこと。

 最も重要な「会場マナーについて」もユーモアにあふれており、「突然隣の方にバトルを挑んだり、スクリーンに向かってモンスターボールを投げたりする行為は禁止です」「バートナーポケモンにも、鑑賞中は技などを繰り出さないようにしっかり言いつけておきましょう」(原文ママ)と注意しています。

 ネット上では「何色でも構いません」と放り出されたコダックの扱いに注目が集まっており、応援上映に行きたいという人が続出しているようです。

 「名探偵ピカチュウ」は、ポケモン社によるゲームソフト「ポケットモンスター」シリーズ初の実写ハリウッド映画。人間とポケモンが共存する街ライムシティで、主人公のティムが1匹のピカチュウと出会うところから話が始まります。応援上映は5月24日にユナイテッド・シネマ アクアシティお台場・Sc13で開催。


「名探偵ピカチュウ」はこんな映画

名探偵ピカチュウ 応援上映

名探偵ピカチュウ 応援上映

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン