ニュース
» 2019年05月13日 21時00分 公開

「名探偵ピカチュウ」は2019年の「ブレードランナー」である “ポケモンと暮らす都市”が描くポケモンの本質とは

「名探偵ピカチュウ」は、これ以上ないほど「ポケットモンスター」の本質、原理にのっとった映画だった。

[hamatsu,ねとらぼ]

 ねとらぼ読者の皆さま、初めまして、hamatsuと申します。

 本日よりねとらぼさんにも寄稿させていただくことになりました。ゲーム系の記事を執筆することが多いかと思いますのでよろしくお願い致します。これまで他媒体だと電ファミニコゲーマーなどでゲーム系の記事の執筆を行ったりしてきましたが、ねとらぼさんでも同様にゲーム系の記事が多めになるかなと思います。


ライター:hamatsu

hamatsu プロフィール

某ゲーム会社勤務のゲーム開発者。ブログ「枯れた知識の水平思考」「色々水平思考」の執筆者。 ゲームというメディアにしかなしえない「面白さ」について日々考えてます。

Twitter:@hamatsu



 というわけで1発目のネタは「Nintendo LABO VR KIT」の予定だったのですが、先日フラッと映画名探偵ピカチュウを見てしまい、内容に大いに感銘を受けたため急きょ予定を変更して「名探偵ピカチュウ」について書いている次第です。ゲームネタじゃなくてすいません!

 予告編段階ではしわくちゃフサフサのピカチュウがネットでも話題を呼んでいた本作ですが、実際に見てびっくり、「ブレードランナー2019」とでも呼ぶべき映画になってるではありませんか!

 それも単なる上っ面の模倣にとどまらない本質的な「ブレードランナー」らしさを「名探偵ピカチュウ」という映画は内包しているのです。


社会インフラとしてのポケモン

 そもそも「ブレードランナー」の、特に都市の描写はなぜ優れていたのでしょうか。それは、単なる見た目の格好よさを超えて、その世界にある架空のテクノロジーや生活様式、インフラを極めてフレッシュな形で描いた点にあるといわれています。

 そして、「名探偵ピカチュウ」で主人公が訪れることになる街、「ライムシティ」の描写が優れている点もまた同様です。ポケモンとの共生をうたうこの街では、ポケモンは単なる人間のペットという立場ではなく、生活を共にするパートナーとして、都市を支える生活基盤、社会インフラとしての役割を果たしていることが映画の至るところで描写されます。



hamatsu 名探偵ピカチュウ ポケモンが生活に溶け込んでいる街、ライムシティ(動画より)

 「ブレードランナー」のちょっとした広告や看板、飲食店の描写がその世界の奥行きを感じさせてくれるように、「名探偵ピカチュウ」のポケモンの描写からはその世界の奥行きが感じられるようになっているわけです。

 交通整理をするカイリキー、料理の手伝いをするヒトカゲ、スピーカーの代わりをするドゴームなどなど、都市の中に普通に存在し、人と共生するポケモンの細かい描写はこの映画の見ていて非常に楽しい部分になっていますし、この都市の描写をずっと見ていたいという気分にさせる点も「ブレードランナー」と共通する点だといえるでしょう(比較的最近の映画だと「ズートピア」の都市描写なんかも近いものがあるかもしれません)。



hamatsu 名探偵ピカチュウ 交通整理をするカイリキー(動画より)

 ではなぜこの映画ではポケモンをそのようなものとして描いたのでしょうか。ポケモンを使って無理くり「ブレードランナー」をやりたかったのでしょうか。私は、それはむしろ逆で、そもそも「ブレードランナー」と「ポケットモンスター」はその根本で通じるものがある、相性の良いコンテンツだからだと考えます。パートナーとしての「ポケモン」、生活基盤、社会インフラとしての「ポケモン」、これらは「ポケットモンスター」というコンテンツに最初から内包されている要素だからです。


「ポケットモンスター」とは何か

 そもそも、「ポケットモンスター」とは何なのでしょうか。1996年に登場して以来、世界のエンターテインメントシーンのトップを走り続ける「ポケットモンスター」とはどのようなコンテンツなのでしょう?

 「ポケットモンスター」とは、ポケモンという生態系、ポケモンという社会インフラ、そして何よりポケモンという最良のパートナーを通じて、自分がまだ触れたことのない世界に触れるエンターテインメントだと私は考えます。

 初代「ポケットモンスター赤・緑」から一貫して、ポケモンを介することで、見たことの無い景色や、今まで見ていた景色の新しい側面を体験し、主人公が成長を遂げるという物語を提供してきました。

 それは、「ポケットモンスター赤・緑」が少年たちのひと夏の冒険と成長を描いた映画「スタンド・バイ・ミー」を強く意識した作りになっていることからも明らかです。「ポケットモンスター赤・緑」に他の場所と比較しても非常に異質な場所であるシオンタウンがなぜ存在するのかといえば、「スタンド・バイ・ミー」における、少年たちが探しにいく「死体」の存在と同様の位置付けのものだからです。ちなみにこの「死体」というキーワードが、「名探偵ピカチュウ」においても非常に重要だったりするのですが、ネタバレになるのでここでは詳細は割愛しておきましょう。



hamatsu 名探偵ピカチュウ バーチャルコンソール版紹介映像より、2:35あたりからちらっと映るシオンタウン(動画より)

 そして、「ポケットモンスター」というゲームが本当に素晴らしいのは、その物語と「ポケットモンスター」というゲームによって得られるゲーム体験が極めて高いレベルでシンクロしていたということです。

 ポケモンを介して新しい世界に触れるゲーム中の主人公と同様に、「ポケットモンスター」というゲームを介してゲームプレイヤーは、ゲームの外側の世界に触れることができます。たとえ常時インターネット接続がなされていなかったのだとしても、広大な世界に対して、ポケモンを介したコミュニケーションの可能性を見いだし、今まで見慣れていたはずの世界が変わって見えるようになります。「ポケットモンスター」とはそのように世界とのつながりを再構築し、世界の見え方を変えてしまうゲームなのです。

 「ポケモン GO」というゲームアプリがここ数年のエンターテインメントシーンの中でも最高レベルの話題をさらった理由は、スマートフォンでの展開という理由も当然あるのでしょうが、ただでさえ世界的人気が高い「ポケットモンスター」というコンテンツの持つ本質的な価値、ポケモンを介して世界とのつながりを再構築し、世界の見え方を変えてしまうということを、下手すれば本編以上に体現するものだったからではないでしょうか。


hamatsu 名探偵ピカチュウ 見慣れた街を「ポケモンがいる街」へと変えた「ポケモンGO」(公式サイトより)

 話を「名探偵ピカチュウ」に戻します。「名探偵ピカチュウ」という映画は、ここまで述べたような「ポケットモンスター」の本質、「ポケットモンスター」の原理にこれ以上ないほどにのっとった映画になっています。そこに私は一番感動しました。

 この映画の主人公は、ポケモン(この映画ではピカチュウ)を介して新しい世界に触れ、今まで見えていた世界、自分が思い込んでいた世界が別の見え方をし始めるさまざまなことを経験し、やがて彼なりの成長を遂げます。だから、主人公が迷い込む異界としての「ブレードランナー」的都市描写は、ポケモン的な主題を映像的に、映画的に表現する上では必然の選択なのです。

 そして新しい都市、新しい世界に迷い込んだ主人公が経験することの詳細についてはネタバレになってしまいますので、これ以上は書きません。ぜひとも劇場で見てください。

 ちなみに予告編段階ではなんか気持ち悪く見えていたフサフサだったりしわくちゃになったりするピカチュウはメチャクチャにかわいい! そして声をあてているライアン・レイノルズの、早口で軽口をまくしたてる様が、ほぼ「デッドプール」で最高!

 「ブレードランナー」×「デッドプール」って映画ファン的にも最高の組み合わせじゃないですか?

 そんなわけで「名探偵ピカチュウ」は映画ファンにもポケモンファンにもどっちにも推せるめちゃくちゃ面白い映画ですので、まだ見てないという方はぜひ!!



hamatsu 名探偵ピカチュウ ライアン・レイノルズのピカチュウ最高ですよね……(公式サイトより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.