ニュース
» 2019年06月05日 12時00分 公開

ドイツから来た“職人” VW「ゴルフ」に質感と安全性を高めた「マイスター」グレードが追加 (1/2)

現行ゴルフの魅力を凝縮した集大成仕様。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 フォルクスワーゲン グループ ジャパンは6月4日、看板車種「ゴルフ」の特別仕様車「マイスター(Meister)」シリーズの販売を開始しました。

ゴルフ ゴルフ TSI Highline マイスター(写真:フォルクスワーゲン、以下略)

 ゴルフシリーズは、フォルクスワーゲンが世界的に展開するCセグメントのコンパクトハッチバック。派生型としてワゴン型の「ゴルフ Variant」、4輪駆動の「ゴルフ Alltrack」、100%EVの「e-Golf」(関連記事)などがあります。"職人"の意味を込めて質を追求した今回のマイスターシリーズは、e-Golfを除く上記の3モデルに合計5つのグレードを追加。現行ゴルフの魅力を凝縮した集大成仕様としています。

ゴルフ Variant ゴルフ Variant TSI Highline マイスター
ゴルフ Alltrack ゴルフ Alltrack TSI 4MOTION マイスター

 マイスターでは質感と安全快適性能の大幅向上がポイントです。駐車時に障害物などを検知する「パークディスタンスコントロール」や、駐車スペースの検出して縦列駐車、自宅車庫入れを自動で行う「Park Assist」を標準装備します。

 またゴルフとゴルフ Variantに設定された「TSI Highline マイスター」グレードには質感の高いレザーシートを標準装備。運転席は電動パワーシートとなります。

ゴルフ 今回追加された上質レザーシート

 この他、Highline マイスターにはデンマークの高級オーディオメーカー、Dynaudioと共同開発した「Dynaudio サウンドシステム」もオプションで用意します。

Dynaudio サウンドシステム Dynaudio サウンドシステムも用意

 価格は、ゴルフ TSI Comfortline マイスターが306万9000円(税込、以下同)から。ゴルフ Alltrack TSI 4MOTION マイスターは399万9000円からです。



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.