ニュース
» 2019年06月23日 11時46分 公開

「“MVの人たちがステージに現れた”という感覚」 グランジ遠山大輔が語る「黒い羊」武道館パフォと欅坂46愛【後編】遠山大輔インタビュー特集(2/2 ページ)

[Kikka, SKM21,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

武道館公演で圧倒的なインパクトを放った「黒い羊」

――藤吉さん、確かにダンスがすごかった印象があります。遠山さんは東京公演を象徴する1曲は何だったと思いますか。

遠山それはもう「黒い羊」ですね。「アンビバレント」終わりで客電がつかなくて、「あれ、なんか来るぞ……?」という感じではあったんですが、いきなりスクリーンに「これは見たことのある構図だな」「赤い彼岸花らしきお花が敷き詰められているところに横たわる平手友梨奈」という映像が映し出されて。メンバーが入ってきて客席がざわざわしだして、そこにSEの「ざわざわ」も加わって、「来る。本当に来る」っていう感じで始まったのまでは覚えているんですけど、正直そこからハッキリした記憶がないんですよね。

欅坂46 『黒い羊』

 覚えているのは、「メンバーがMVの衣装を着てやってきた」という感じではなくて、「MVに出演していた人たちがステージに現れた」っていう感覚です。友梨奈ちゃんじゃなくて“僕”だったし、踊りも全員でそろえているっていうよりは「そろっちゃってる」というか。

 「全部僕のせいだ」も「来るぞ」っていう感じで覚悟していたのですが、「全部」のところはすごくかすれた声で。でも涙を浮かべながら表現している“あの子”だったら、確かにあぁいう声になっちゃうだろうなって思いましたし。とにかくMVから抜け出てきたみたいでした。

 あと最後に彼岸花を受け取った小林由依さんが、「もうこれを投げてやろうか」っていうような表情を見せていて、でもそれをグッとこらえて引き寄せるという葛藤した姿を見せていたのは印象的でした。

 勝手な解釈ですが、最後の舞台セットの砂時計に彼岸花を手向けるっていうのは、肉体はいつか滅びるときが来るけれども、魂は生き続けるし、受け継がれていく――っていうことなのかなと理解しました。だから最後に友梨奈ちゃんこと、“僕=あの子”が涙を一筋流したのは、“うれしい涙”なのかなと感じました。

――最後に大阪-東京の両公演を通じて感じたことを教えてください。

遠山これはまず大阪だけが決まっていたからあの明るい演出・セトリになって、そのあとに武道館が決まったから対となる構成・演出にしようということなのか。元から武道館も決まっていて、西と東で1つにしようとなっていたのか。そこがどういう流れでああなったのかがすごく気になっています。やっぱり後の方にあのセトリを持ってきたってことはやっぱり、そっちが欅坂46の神髄なのかな。とかいろいろとあらためて考えさせられましたね。

 でも本当にね、言葉にして伝えられないんですよねこの感情。「今まで見たことのないものを見た」って、こういうことなんでしょうね。アニラを終えた今、とにかく「これから欅坂46がどうなっていくのだろう」と楽しみな気持ちしかありません。そして最後に一言言わせてください!

――どうぞ!

遠山運営の今野さ〜ん! 円盤化の件、引き続きお待ちしていますんで、よろしくお願いしま〜す……!


取材後記

 最強の欅坂46ファンとの呼び声高い遠山さん。忙しいお仕事の合間を縫って、なんと4.5時間もの間欅坂46への思いを語ってくださいました。

 そんな遠山さんにお話をうかがうたびに、新たな魅力に気付けたり、発見があったりと欅坂46がもっともっと好きになっていく感覚がありました。そしてこんなに熱い人と同じグループを応援できていること自体が素敵だなと感じました。今後もSKM21では欅坂46に関する取材・記事執筆を続けていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします! そして全国の欅ヲタのみなさん、今年の夏は“共和国で会いましょう”……!


欅坂46 グランジ 平手友梨奈 遠山大輔 お願いしてもいないのに私物の“おでんペンライト”を持ってきた遠山さんと、頼んでいないのに私物の“アニラタオル”を持ってきたSKM21メンバー。最高かよ

 そして今回は、ねとらぼの公式SNSをフォローし、本記事を告知するツイートをRTしてくださった方の中から抽選でそれぞれ1人に遠山さんの直筆サインをプレゼントするキャンペーンを実施いたします。たくさんのご応募お待ちしています!

Twitterキャンペーン応募方法

(1)ねとらぼ公式Twitterアカウント(@itm_nlab)をフォロー

(2)本記事の告知ツイートをRT+応募コメントをリプで応募完了

Instagramキャンペーン応募方法

(1)Instagramアカウント(net_lab)をフォロー

(2)本記事の告知投稿に“いいね”+応募コメント書き込みで応募完了

注意事項

  • 締切期限は6月29日正午
  • 当選者には編集部よりDMにてご連絡いたします。DMが解放されていない場合には当選無効となりますのでご注意ください
  • いただいた個人情報はプレゼントの発送のみに使用し、送付後は速やかに処分します
  • ご応募完了時点で、アイティメディアのプライバシーポリシーへご同意いただいたものと致します。応募前に必ずご確認ください

欅坂46 グランジ 平手友梨奈 遠山大輔 Twitterキャンペーンで抽選で1人に当たる直筆サイン入り色紙

欅坂46 グランジ 平手友梨奈 遠山大輔 Instagramキャンペーンで抽選で1人に当たる直筆サイン入り色紙

(文・取材:Kikka,取材:SKM21

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news024.jpg 「抱っこされる時のおててが可愛すぎる」 猫ちゃんが両前足をおなかの上でそろえる姿にもだえる人続出
  3. /nl/articles/2201/25/news097.jpg 「かつみ・さゆり」さゆり、美肌極まる“ナチュラルメイク”姿に反響 「本当に奇跡の50代」「めっちゃ綺麗!!」
  4. /nl/articles/2201/25/news036.jpg 【漫画】妻から夫へ「私が100回言っても聞かないのに他人が言うと一発」 夫婦の会話の攻防に「いいね100万回押したい」
  5. /nl/articles/2201/25/news093.jpg 工藤静香、愛犬バブルが腕の中で天国へ 病魔と闘い抜いた家族との別れに「辛過ぎますが愛している証」
  6. /nl/articles/2112/21/news078.jpg 和田アキ子、“美人で有名”なめいっ子と偶然再会 芸能人並の顔立ちにファン沸く「きれい」「かわいい」
  7. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  8. /nl/articles/2201/25/news177.jpg 犬の散歩中に野生のコヨーテに遭遇! 米俳優、とっさの行為が「愛犬家の鑑」「スーパーヒーロー」と称賛
  9. /nl/articles/2201/24/news035.jpg 「みんなのパピー時代見せて」 愛犬のかわいい写真を投稿→ぶっこまれたオチが「この破壊力w」と爆笑を巻きおこす
  10. /nl/articles/2201/25/news145.jpg 競泳・池江璃花子、ヘアカットでばっさりショートに 抗がん剤治療後のくるくるヘアにも「可愛い」の声

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」