ニュース
» 2019年06月21日 11時46分 公開

「欅坂46」の魅力は何なのか グランジ遠山大輔が語る「命削るパフォーマンス」に涙こぼれる瞬間【前編】遠山大輔インタビュー特集(1/3 ページ)

そのどれが欠けたって永遠は生まれない。

[Kikka, SKM21,ねとらぼ]

 「欅坂46」と聞いてあなたはどんなイメージを抱きますか――。既存のアイドル像をなぞらず、独自路線を貫く彼女たちはなぜ注目され、さまざまな評価を受けるのか。10代から圧倒的な支持を集めるラジオ「SCHOOL OF LOCK!(SOL)」の2代目校長「とーやま校長」として知られ、大の欅坂46ファンでもあるグランジの遠山大輔さんに“腹を割った話”を聞きました。前編・中編・後編の3記事・1万6000字の特集で“欅坂愛”をお届けします。


欅坂46 グランジ 平手友梨奈 遠山大輔 お笑いトリオ「グランジ」の遠山大輔さん。SOLではとーやま校長として活躍しており、欅坂46のファンとしても有名

欅坂46 グランジ 平手友梨奈 遠山大輔 聞き手:欅坂46のファンで結成された覆面ライターユニット、SKM21。2019年3月には「黒い羊」のMV撮影地を取材し、MV完全再現動画の撮影に挑戦

命を削る一曲入魂。「やんや言うのは全力で何かをやったことがないヤツ」

――いつも「SOL」拝聴しています。あの“とーやま校長”が目の前にいるなんて緊張します……!

遠山俺も「エキセントリックのロケ地探訪」とか「黒い羊のロケ地探訪」の記事読ませてもらいました! 欅坂46の曲では「エキセントリック」が一番好きなので、「うわー! ほんとだ! ここで撮ったんだ!」ってめっちゃ興奮しましたよ。途中、齋藤冬優花さんのブログに飛べるのも最高だったし(笑)。あの変態みあふれる愛情爆発記事を書いた人たちがインタビューしてくれるなんて不思議な感じです!

――恐縮です(笑)。今回は欅坂46の深いお話を伺いたくて、遠山さんにお声がけしたんです。遠山さんはウソをつかない大人だと思うので。

遠山いくらでも喋りますよ。俺もゴリゴリの欅オタですから!


欅坂46 グランジ 平手友梨奈 遠山大輔 序盤からエンジン全開の遠山さん。「エキセントリック」を踊りながらどの部分が好きか力説

――心強いです(笑)。遠山さん自身は欅坂46のどんなところに魅かれるのだと思いますか。

遠山一曲入魂のパフォーマンス力です。俺、欅坂46のライブを見ているときってめちゃくちゃ興奮しているんですけれど、そのとき決まって心の中で「いけー!」「もっと超えろー!」「超えたー!」みたいに叫んでるんですよ。

――「超えろー!」は、何に向かっての超えろですか。

遠山限界の壁ですね。楽曲によっては「ガラスを割れ!」みたいに全員で突進して壊す壁もあるし、軽やかにジャンプして超える壁もあると思っているんですけど、メンバーの後ろには俺たちファンがいて、壁に向かっていくメンバーを必死で応援しているイメージです。

欅坂46「ガラスを割れ!」

――確かに欅坂46のライブって、見ている方も息が止まるっていうか、拳を握りしめる瞬間がありますよね。純粋に応援しているんだけど、ちょっと保護者的にも見ているというか。

遠山あります。一瞬一瞬を見逃せないから、ペンライト振れないぐらいの緊張感と興奮がありますし、俺の場合は静かに涙を流していることも多いです。この感覚って大好きなロックバンド「THEE MICHELLE GUN ELEPHANT」のライブを見たときの興奮に似ているんですよ。

 90年代当時、まだフェスが日本に根付いていない時代にTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTは、「演奏がすごすぎて死人が出るかもしれない」というウワサが回るぐらいすごいパフォーマンスをしていて。暴力的であったり、とてもはかない瞬間があったり、とにかく目が離せないし、ライブとなれば「いけーっ!」っていう感覚がありました。だから、いろんなアーティストのライブを見に行ったときに、「THEE MICHELLE GUN ELEPHANTのパフォーマンスと比べてどうか」というのが、ある意味自分の中の基準の一つだったんです。

 でも有明コロシアムで行われた欅坂46初ワンマンライブを見終わった後にふと、「あ、ライブ中1度もTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTのことを思わなかったな」「これはすごいことだ……!」となって。これまでロックバンドに託していたものを、今は勝手に欅坂46に託しています

――確かに、既存のアイドルを応援してる感覚とは違うものが欅坂46にはありますよね。だからこそ、世間での評価もいろいろです。遠山さんはそういった“世間の声”についてどう思いますか。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/24/news020.jpg よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  2. /nl/articles/2206/25/news001.jpg 犬「お風呂いやあああああ!」 風呂に入らないために抵抗するゴールデンレトリバーがかわいい 【スペイン】
  3. /nl/articles/2206/25/news006.jpg 「柴犬の生首かと!」「笑いすぎておなか痛い」「神々しい……」 西日が生んだ奇跡のワンコに爆笑の声
  4. /nl/articles/2206/22/news217.jpg 人生29年でいまさらエヴァ旧劇場版を見たら1時間ベッドで呆けた話 「こうする以外に、道はなかったのだろうか……」
  5. /nl/articles/2206/23/news005.jpg 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  6. /nl/articles/2206/24/news120.jpg めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  7. /nl/articles/2206/23/news188.jpg “BIG BOSS”新庄剛志、山田勝彦コーチへの中傷に反論 心ない言葉に断固たる姿勢「即ブロック」「shinjo freedomに来なくて良い」
  8. /nl/articles/2206/25/news005.jpg 散歩中の愛犬が用水路で立ち止まり…… 震えるチワワを発見→救助の展開に「賢いワンちゃん」「おうちに帰れてよかった」の声
  9. /nl/articles/2206/24/news206.jpg これは着こなせない……! 工藤静香、体形くっきりのスーツ姿に「お腹ぺったんこ!!」「凄い細い」と驚きの声
  10. /nl/articles/2003/17/news132.jpg アイスダンス元日本代表のクリス・リードさん逝去、織田信成らが追悼 数日前にブログ更新で今後の抱負つづっていた

先週の総合アクセスTOP10

  1. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  2. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  3. 中谷美紀、外国人夫の連れ子や元妻と楽しい団らん 国籍や目の色など何もかも違えど「これでも家族」
  4. デヴィ夫人、15歳の愛孫・キランさんが社交界デビュー 「山高帽にモーニング」華麗なる正装姿が超ハンサム
  5. 法隆寺がクラファンを開始 わずか1日で目標金額2000万円を達成「予想もしていなかった早さ」
  6. 元保護子猫に、ずっと欲しがっていたぬいぐるみをあげたら…… 予想外の反応に「人間の子供みたい!」の声
  7. 7歳息子が初おつかいに行ったときのレシート、よく見ると…… ママへの愛がつまったエピソードに「泣ける」の声
  8. 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  9. 愛犬に「子猫が大変です!!」と呼び出された飼い主、ついて行くと…… まさかの“無免許運転”発覚に「かわいすぎるw」
  10. 見事な「赤富士」を捉えた山中湖のライブカメラ映像に驚きと感動の声 葛飾北斎「凱風快晴」のような絶景……!

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」