コラム
» 2019年07月09日 12時30分 公開

「理科の実験でおなじみのガスバーナー」って辞書で引けたのか! 意外と知らない“国語辞典の個性”(1/2 ページ)

ずっと「理科の実験のガスバーナー」って呼んでた。

[ながさわ,ねとらぼ]


 「国語辞典には個性がある」という事実は、かなり知られるようになってきました。世には大小さまざま、編集方針も異なる国語辞典が数多く刊行されており、どれも違った性格を備えているのです。

そんな国語辞典の個性の一端に、クイズを通して触れてみましょう。今回は、『旺文社国語辞典』(通称『旺国』)第11版から出題。『旺国』に載っていることばはどれで、載っていないことばはどれか、考えてみてください。

ライター:ながさわ(Twitter:@kaichosanEX/ブログ:四次元ことばブログ

数百冊の辞書を保有する辞書コレクター。暇さえあれば辞書を引いている。「四次元ことばブログ」で辞書や日本語について発信中。


問題

次の5つのことばのうち、『旺国』第11版の見出し語になっていることば(3つ)はどれでしょう?

  • サンフランシスコ
  • 坂本龍馬
  • ブンゼンバーナー
  • カラマーゾフの兄弟
  • 二次方程式

 6 〜9万語クラスの小型の国語辞書は、人名や地名、作品名などの百科的な項目を取り扱わないものも多いのですが、『旺国』の場合は固有名詞もふんだんに立項しています。和歌や俳句も見出し語にしてしまうなど、国語科に強いのが特徴ですが、他の教科の用語はどうでしょうか。考えてみてください。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」