ニュース
» 2019年07月01日 20時02分 公開

ヤッター! なのか……? AKSが運営/管理体制の改善着手、マシ・オカがアドバイザリー就任へ

一連の出来事で批判の矢面に立たされたAKS運営担当責任者兼取締役の松村匠氏は退任へ。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 AKB48やHKT48、NGT48などの運営会社である「AKS」のコーポレートサイトが7月1日にオープン。サイトトップには現在、AKSの吉成夏子代表取締役の名でメッセージが掲載され、グループの運営/管理でコーポレートガバナンスが欠如していたことへの反省を踏まえた役員の変更やアドバイザリーボードの新設をはじめとした運営/管理体制の改善について説明しました。

AKS NGT48 ガバナンス 役員 アドバイザリボード マシ・オカ AKSのコーポレートサイトのトップページにはAKSの吉成夏子代表取締役の名でメッセージを掲載(画像はAKS公式サイト

 2018年12月に起こったNGT48山口真帆さん(その後5月にグループを卒業)の暴行被害騒動に関する一連の出来事で、企業としてのガバナンスが十分に効いていないことが露呈したAKSは、その反省を踏まえ、企業としての社会的責任に対する取り組みの一環として、コーポレートサイトをオープン。吉成氏は、2019年現在、国内外合わせて約650人のメンバーが所属するまでになったことに感謝を述べつつも、「成長だけではなく、企業として成熟していくことが重要であることを痛感」したとして、運営/管理体制の改善に着手していることを明かしています。

 併せて7月1日付でAKSの役員体制も変更され、一連の出来事で批判の矢面に立たされたAKS運営担当責任者兼取締役の松村匠氏は退任へ。また、新設された「アドバイザリーボード」には、海外ドラマシリーズ「HEROES/ヒーローズ」の出演などで知られる俳優のマシ・オカがアドバイザーに就任しました。この他、LINEの舛田淳取締役CSMO、ヤフーの宮澤弦常務執行役員メディアカンパニー長がアドバイザーに名を連ねています。なお、いずれも起用の理由については言及がありません。

AKS NGT48 ガバナンス 役員 アドバイザリボード マシ・オカ マシ・オカがAKSアドバイザリーボードのメンバーに就任(画像はAKS公式サイト

AKS NGT48 ガバナンス 役員 アドバイザリボード マシ・オカ 写真中央のAKS運営担当責任者兼取締役の松村匠氏は退任へ(関連記事

「忸怩たる思い」NGT48公式サイトでは早川真衣子NGT48劇場支配人がメッセージ

 また同日、NGT48の公式サイトでは、NGT48劇場支配人の早川真衣子氏のメッセージを掲出。一連の出来事を踏まえ現在取り組んでいる対策が紹介され、メンバーへの防犯用GPS通報専用端末の配布といったセキュリティ対策の強化やメンタルケアの体制強化などについて説明しています。

AKS NGT48 ガバナンス 役員 アドバイザリボード マシ・オカ NGT48公式サイトでは早川真衣子NGT48劇場支配人のメッセージを掲出(画像はNGT48公式サイト

 7項目挙げられている中で、「つながり防止対策」「活動の安心・安全のための毅然とした対応」の項に注目する向きも多そうですが、早川氏は「メンバーのプライバシーにかかわる事象や、進行中の法的手段の準備等の都合で、現段階では明確にお答えできない内容がございます」と前置きした上で、それぞれ以下のようなアクションを記しています。

つながり防止対策

メンバー本人及びご家族の同意・協力の下、つながり防止対策として以下を実施して参ります。

  • 「私的領域(プライベートな空間)において特定のファンを優遇すること」など、ファンとの私的なつながりの定義の明確化と禁止ルールの遵守の徹底化
  • SMSのDM返信のチェック体制構築
  • プライベートな環境でファンと遭遇した場合の、運営への即時連絡
  • 握手会レーンへの防犯カメラ設置
  • まとめ出し時のスタッフの対応強化

活動の安心・安全のための毅然とした対応

  • 今回の出来事に関する民事訴訟の提起
  • メンバーの名誉やプライバシーの保護として、SNS等における脅迫ないし誹謗中傷の投稿や書き込みに対する民事上及び刑事上における法的措置の実施を含む厳正な対処

 “握手会レーンへの防犯カメラ設置”のように既に対応がみられるものもあれば、“法的手段の準備等”といった文言から、まだこれからと思われるものもありますが、こうした施策を継続的に実施し改善を図る考えのようです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.