ニュース
» 2019年07月07日 14時30分 公開

アメ車なのにめっちゃ静かやん!? ルックスそのまま“フォード公認”EV仕様「マスタング」爆誕 (1/2)

マッチョなアメ車がEVに大変身。

[志田原真俊,ねとらぼ]

 マッチョなアメ車の代表格「フォード・マスタング」をEV(電気自動車)として再構築したフォード公認の電動スポーツカー「チャージ・マスタング」が登場。イギリスで開催中のイベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」で初公開されました。

マスタング EV チャージ チャージ・マスタング

 イギリスに拠点を置く「チャージ・オートモーティブ」が作り上げたこのクルマは、中古車をベースに改造したものではなく、フォードからライセンスを受けて再生産された1967年型マスタングのボディーにバッテリーや電動モーターを組み込んだ“新車のEV版マスタング”です。もちろん、単に静かで環境に優しいだけのEVではありません。

Brand-new electric 1967 Mustang ― that's how electricity performs(YouTube/Charge Cars)

 最大出力は470馬力、最大トルクは1200Nm(122.4kg-m)とかなり刺激的なスペックで、時速60マイル(約96キロ)まで3.99秒で加速します。プロモーションビデオでは、そのあり余るパワーでタイヤから白煙を巻き上げながら走る姿も。こんなEV見たことねえ! また、センターコンソールに埋め込まれたタッチパネルで簡単に4輪駆動から後輪駆動に切り替えられる様子を確認できます。

 航続距離は約300キロと最新EVとしては控えめですが、走りを楽しむEVという選択肢は魅力的です。

 「チャージ・マスタング」の価格は約4000万円で、499台限定で生産される予定です。

マスタング EV チャージ マスタングの名にふさわしいマッチョなEVです
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン