ニュース
» 2019年07月12日 07時30分 公開

俳優が声優を務める難しさ――唐沢寿明&竜星涼、「トイ・ストーリー4」のキャラクターに“命”を吹き込む思いを語る

唐沢さんは約23年間ウッディとして、竜星さんは長年続く作品の新キャラクターとして日本語吹き替えを担当。

[のとほのか,ねとらぼ]

 映画「トイ・ストーリー」シリーズ最新作となる「トイ・ストーリー4」が7月12日に公開。アンディからボニーのおもちゃとなったウッディやバズたちの新たな冒険が描かれます。

 今回は、第1作目から約23年間ウッディの声を務めている俳優の唐沢寿明さんと今作で新たに登場するキャラクター、フォーキーを演じた俳優の竜星涼さんにインタビュー。俳優がアニメの声優を務める難しさやディズニーと日本のアニメの違いについて語りました。

トイ・ストーリー4 唐沢寿明 竜星涼 ウッディ フォーキー フォーキー役の竜星さんとウッディ役の唐沢さん

――声優に決まった際の心境を教えてください。

唐沢寿明さん(以下、唐沢): またやるのかと思いましたね。「トイ・ストーリー3」で終わったと思っていたけど、こんな展開があったのかと驚いた。今作のラストは今後も続きそうな雰囲気だったよね。

竜星涼さん(以下、竜星): 「トイ・ストーリー」シリーズと一緒に育ってきたようなものなので、今回新たなキャラクターとして作品に携わることができたのは感慨深かったです。

トイ・ストーリー4 唐沢寿明 竜星涼 ウッディ フォーキー 新キャラクターとしてフォーキー(右)が登場 (C)2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

――唐沢さんは第1作目からウッディを演じ続けています。これだけ長い間、同じキャラクターの声を務めることへのプレッシャーなどはありますか?

唐沢: ないですね。でも、これほど長く続く作品だとは思っていなかったし、新たにキャスティングされた人の方がプレッシャーを感じると思う。

――竜星さんは新キャラクターのフォーキーとして新たにキャスティングされましたね。声優に初挑戦してみていかがでしたか?

竜星: 「トイ・ストーリー」シリーズのファンだからこそ、普段お芝居をするときとは違って客観的に自分を厳しく見ていました。長年続く人気の作品ですし、下手なものは出せないという責任のようなものがあったと思います。あと、苦労した点で言うと、英語の音声を聴きながら日本語を吹き替えるのが難しくて、慣れるまで時間がかかりました。

唐沢: うまくはできないよ、俳優がやっているからね。俳優と声優は全く世界が違う。声優の方とアフレコをするとき、抑揚のつけ方や特徴の捉え方など本当にすごいなって毎回思う。でも、トム・ハンクスさんがウッディをやっているから、“俳優”という考え方でやっていいんだなとは思っている。彼が続ける限りは、俺もウッディをやり続けると思う。

トイ・ストーリー4 唐沢寿明 竜星涼 ウッディ フォーキー 唐沢さん

トイ・ストーリー4 唐沢寿明 竜星涼 ウッディ フォーキー 竜星さん

――ウッディの変化を感じられる今作でしたが、唐沢さんは約23年間ウッディを演じ続けて変わった部分はありますか?

唐沢: 自分の中ではあまり変わっていないと思う。でも、最初に吹き替えをしたときと比べて声のテンションが違うみたい。きっと俺が大人になったんだね。ウッディは歳とらないけど。

 特に今作は出番が増えているし、感情を伝えなきゃいけないところがたくさんあって苦労したよ。第1作目はバズが目立っていたから影で嫉妬するぐらいの小さなことだったのに、今作はかなり大人な仕上がりになっていて、自分で自分の運命を決めていくことを言い聞かせている感じがした。

 ディズニーはそうやってストーリーの中で「大人になれよ」って子どもを育てているんだよね。本作ではフォーキーが登場するけど、おもちゃは与えられるものだけではなく、自分で作り出すという創造性も与えている。でも、子どもはこれを見てどう思うんだろう。普通、子どもを意識した作品のポスターだったらウッディとバズの顔が見えた方がいいはずなのに背中向きでしょ。深いよね。1作目を子どものときに見ていて、今大人になった人にも見てほしい。

トイ・ストーリー4 唐沢寿明 竜星涼 ウッディ フォーキー 今作のポスター (C)2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

 日本のアニメもクオリティーが高いと思うけど、ディズニーのアニメーションは人間を育てていくという理念を感じるんだよね。学校で教えられるよりも、自分の好きなキャラクターが言っていることだったらいうこと聞くかもしれないからね。

動画が取得できませんでした
「トイ・ストーリー4」日本版予告

「トイ・ストーリー4」インタビュー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む