ニュース
» 2019年07月15日 10時00分 公開

「いつの間にかこの世界で一番大切なものになっていました」――大事なことに気付かせてくれるおっさん漫画家と3本足ワンコの物語 (2/3)

[k村,ねとらぼ]

ビルを眺める


ぼくと三本足のちょんぴー

 いつでもエネルギッシュなちょんぴーちゃんは、雪にも全力投球! 大雪が降った日は、家の前で大はしゃぎして遊びます。興奮のあまり、「家の前で遭難しそうになる」という普段ではありえない場面も。そんなちょっとしたアクシデントも、ちょんぴーちゃんと一緒なら、忘れたくない楽しい思い出に。小田原さんとちょんぴーちゃんは飼い主とペットという関係を超えた、親友でもあり家族でもあるお互いに大事な存在なのが分かります。

雪の日に


ぼくと三本足のちょんぴー

ぼくと三本足のちょんぴー

 しかし、ちょんぴーちゃんが1歳の夏にある事件が。いつものように布団の上で仲良くじゃれている小田原さんとちょんぴーちゃんでしたが、偶然ちょんぴーちゃんの左前脚の付け根にしこりを見つけます。嫌な予感がしてすぐに動物病院に向かう小田原さん。一度は「様子見てください」とかえされたものの、嫌な予感が消えずに再度病院へいき検査をすることに。その結果わかったのは、まだ1歳のちょんぴーちゃんの左前脚に巣くうがんの存在でした。

病気のこと


ぼくと三本足のちょんぴー

ぼくと三本足のちょんぴー

ぼくと三本足のちょんぴー

 犬を飼うまでは、「犬が死んだくらいで」と思っていたという小田原さん。しかし、今やちょんぴーちゃんは親友であり家族でもある唯一無二の存在です。「ちょんぴーがもし死んでしまったら……」と想像するだけで悲しくなり、車を運転しながら大号泣してしまいます。そんな小田原さんに「これから遊びに連れていってくれるのー?」とばかりに、無邪気にじゃれてくる対照的なちょんぴーちゃん。「ペットの死」は、誰もがいつか考えなければならない問題です。「もし自分のペットが同じ状況になってしまったら……」と胸が締め付けられる場面です。


ぼくと三本足のちょんぴー

 病気がきっかけで、その存在の大きさを改めて痛感した小田原さん。ペットショップにいた「単なる犬」だったちょんぴーちゃんは、いつのまにか「この世界で一番大切なもの」になっていたのでした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた